FC2ブログ
2008.06.28

試し撮り

暗い室内での動きのある撮影に強いという条件で
デジカメをいろいろ調べていました。
新しく買ったデジカメ がきのう通販で届きました。

博物館で室内撮影をしてみようと思って
出かけたのですが、臨時休館中だったので
公園で植物の撮影をしてみました。

アジサイ
*2008.6.27.撮影

私が現在使っている12倍ズームのデジカメに比べると
頼りないほど小さいコンパクトデジカメです。

現在の最新モデルの二つ前の機種で
すでに出荷終了しているコンパクトデジカメです。

手ぶれ補正もついていないし、
3倍しかズームがきかないのですが
最新の機種に比べても、とにかく
高感度撮影に強いという評判です。

アジサイ
*2008.6.27.撮影

ライブ撮影でどの程度使えるかは
やってみないとわかりません。
ズーム倍率が低いので、
小さめの会場向けかもしれません。
これまでの写真より明るくて鮮明に
撮影できたらいいなと思っています。

ビョウヤナギ
*2008.6.27.撮影

デジタル一眼に明るいレンズをつければ
透明感のある格段にきれいな写真が撮れる
ことは十分わかっているのですが、
ストロボなしでの手持ち撮影ということを考えると
私の腕ではカメラの重さに耐えられないので
今のところはあきらめています。

モミジ
*2008.6.27.撮影
Posted at 00:21 | 写真のこと | COM(0) |
2006.08.15

持ち味

私が最近見始めた、いくつかの写真ブログに載っている
「芸術作品」 と言ったほうがふさわしいような写真は、
きらめくような、みずみずしい感性で撮影されています。

私が同じ題材を撮っても、全く違うものになると思います。
私の撮る写真は、やけに説明的で、面白みがない写真ばかりです。

感性、あるいは芸術性というのは、おそらく私に、
すっぽり抜け落ちていて、最も不得意な分野だから、
余計にひかれるのだと思います。

しかし、もとより対抗するつもりはないし、
個性の違い、あるいは持ち味だとすれば、
自分のできるところを伸ばしていくしかありません。

私の場合、
花のクローズアップだったら、さらに細かいところまで
ピントがあうように腕をみがく。
花の全体像なら、周囲のボケを生かしたり、
写りこむ背景を工夫したり、
画面のどの位置に花を配置するかを考えたり。
私にも、まだまだ工夫できる余地は たくさんあります。

説明あるいは記録という意味で、撮影の日付を入れることにしました。

・・・・・なぁんて、やけに真面目に取り組んでしまうところも
私の個性なのでしょうね。

私が撮る写真の中で、唯一説明的ではないと自分で思っているのが
ライブの写真で、私にとっては、「思い」の凝縮なのだと思っています。
Posted at 13:24 | 写真のこと | COM(2) |
2006.07.20

素敵なブログの紹介です

「写真ブログ」 という分野があるのを最近知りました。
すごく素敵な写真が載っているブログがあるので
紹介します。

表現をすること、
そして、その表現が人の心に届くというのは
こういうことなのだと、つくづく感じます。

写真にしても音楽にしても、
見ている人(聴いている人)の心に届いて
それぞれの生活や暮らし、生き方や気持ちにひきつけて、
自分のこととして、いろいろ感じたり考えたりできる。

だから、しみじみとひきこまれるし、
作品に感動するのだなぁ、と思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「何気ない Photograph」 
 
  →こちらからどうぞ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


7月2日から始まっています。
ぜひ、さかのぼって写真をご覧ください。

※「何気ない Photograph」の右側にある
 「以前の記事」2006年07月 というのを
 クリックすると全部の写真が見られます。

紹介させてもらっていいか、ずっと迷っていたのですが、
リンクフリーと書かれるようになったので、
このブログから リンクさせてもらうことにしました。

作者のark218さんは、
私にとって、とりわけ思い入れの深い
ミュージシャンでもあります。
Posted at 18:04 | 写真のこと | COM(0) |