--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.09.22

9/4 トリオ The 立川ライブ@福生UZU

◆トリオ The 立川ライブ
 ・ライブハウスUZU (東京都福生市)
 ・2011年9月4日(日) OPEN 19:00 START 19:30
 ・CHARGE  1.000円+ORDER
========================

トリオ The 立川


Guysの丸山さんから  「9月4日に福生でライブをやります」
というお知らせをもらったので出かけてきました。

高崎からローカル線の八高線に乗り、降り立った東福生駅は無人駅。
1時間ほど時間があったので、店の場所を確認したあと
福生駅前まで歩いて行き、夕食をとることにしました。

地図を片手に駅に向かったのですが、そういえば、
好きなライブに行くために、それまで行ったことのなかった
ずいぶんたくさんの街を歩いたなぁと思いました。

開場時間の7時に店のドアを開けたら、
丸山さんを含め3人が店内にいました。

ちょっとびっくりしたような丸山さんに
「詳細を連絡してくださいってコメントの返信に書いたのに
さっぱり連絡がないから、自分で調べて店を探してきた。」
と話すと、コメントの返信は読んでいないとのこと。
なんとも丸山さんらしい話です。

ライブハウスのスケジュール欄には、
出演者名として Guys 、トリオ The 立川
二組が書かれていたのですが、
Guysの相方の都合がつかなくなり、
今回は丸山さんのバンドで2ステージの演奏を
することになったのだそうです。

「え? もう1組って丸山さんのバンドだったの?
 HOTコロッケのときは 『ハレルヤ丸山』っていう
 名前だったでしょ?」
と丸山さんに聞くと、今年の3月頃から3人で活動を始め、
今回が3回目のライブ。
毎回違う名前でやっているのだそうです。
アコースティックギターとベースとドラムのトリオバンドです。

8時ごろメンバーの友人が来る予定だというので
友人が来るのを待って始めることになりました。
演奏したのは丸山さんの作ったオリジナル曲が中心で、
カバー曲が1曲だけありました。


◆1部

1. カブトムシたちと呼ばれたい
2. クレイジーマン (新曲)
3. アンダーグラウンド
4. 雨を見たかい (CCR)
5. ネコがいる
6. 父 

◆2部

1. ストレンジワールド
2. グッデイ (新曲)
3. 終わらない夢
4. 二人乗り (新曲)
5. 葛飾のブルース
6. グローリーロード (新曲)


トリオ The 立川

前回Guysのライブに行ったのが昨年の12月。
それ以降に出来た新曲が4曲あった気がします。
できたてのほやほやという 「グローリーロード」
が特によかったです。

丸山さんは地元近くの店で弾き語りをしたり
セッションをしたりして、そんな中で知り合った人と
バンドを組んだそうです。
誰かといっしょに音楽をやれるというのは
とても刺激になるのだと思いました。
音楽は丸山さんの生活になくてはならないもの
なんだなと思いました。


初めて聞いた「葛飾のブルース」 がかっこよかったです。
おそらく Guysで以前やった曲だろうと思って
Guysの古いセットリストを調べてみたら
「俺らの葛飾のブルース」という名前で載っていました。
やっぱりGuysで聞きたいです。

私は、まるやまさんといちかわさんで作る
Guysのサウンドが大好きなので、
ぜひまたGuysの演奏を聞かせて欲しいと思います。

長年やっているアウンの呼吸。
個性の違う二人がぶつかり合ってできる
荒っぽくてふてぶてしくて
でも、やさしくて繊細で暖かい
二人でしか作れないGuysワールドに
またたっぷりとひたりたいと切に願っています。

:::::::::::::::::::::::::::::::

このライブの写真を、「別館・ばなな便り」に載せてあります。
※2011.9.4. トリオ The 立川ライブ の写真 ←クリック!(10枚)


スポンサーサイト

この記事へのコメント
遠いところ、店調べてまで来てくれて有難う。
またね。
Posted by まるやま at 2011.09.23 01:44 | 編集
>まるやまさん

コメントありがとうございます。

ライブ前の打ち合わせをみてたら、まるやまさん
本当にリーダーみたいでしたね。
わずか9ヶ月で4曲も新曲をきけるのだから
すごく音楽活動が充実しているんだなと思いました。

ただ、私はGuysが好きだからやっぱりGuysを聞きたいと
思ってしまうわけで・・・

「いつまででも待ってます」と相方さんにお伝えください。

そうそう、
コーラスの入らないカバー曲はひどく物足りないもので、
当たり前のように存在していたものは
当たり前ではなかったんだと思い知りました。
Posted by 冷凍バナナ at 2011.09.23 20:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。