--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.04.17

2/25 モーモールルギャバン@下北沢シェルター

本当に遅くなってしまいましたが、
2月25日に出かけたモーモールルギャバンライブの報告です。
とにかく会場の熱気がすごくて、
ものすごく盛り上がったライブでした。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

▼2011年2月25日(金) 下北沢シェルター    SOLD OUT!!
『兆しのフォーミュラ VOL.2 ~SHELTER 20th Anniversary~』
・出演: YMCK / モーモールルギャバン / wienners
・OPEN 18:30 / START 19:00
・ADV.¥2300 / DOOR ¥2800(+1ドリンク)

下北沢シェルター
 *2011年2月25日(金)

今回もソールドアウトとなりました。
3組が出演するライブで、
モーモールルギャバンの出演は2組目でした。

セッティングに現れたゲイリーは気合の入った
裸ネクタイ(笑)。
私が最近出かけたライブではステージが始まる時点での
ゲイリーはTシャツを着ていることが多かったので、
最初から上半身裸だったのは久々です。

ユコさんの髪にパーマがかかってかわいかったです。
マルガリータはTシャツと今回も長いパンツ。
セッティングが終わっていったん裏に引っ込むかと思ったら
そのままライブに突入。

 01. パンティー泥棒の唄
 02. POP!烏龍ハイ
 03. ユキちゃん
 04. BeVeci Calopueno (新曲)
 05. Hello!! Mr.Coke-High (新曲)
 06. ユキちゃんの遺伝子
 07. サイケな恋人

ウワーっと盛り上がる会場でゲイリーがしっとりと
歌い始めたのは
「パンティー泥棒の唄」
文字通りパンティー泥棒の歌なのに、前半はじっくりと
聞かせるバラードになっています。

次の「POP!烏龍ハイ」で会場は熱気の渦!
モッシュが起こり通勤時間の満員電車並みに
上げた腕が下せないような状態に!

ライブが始まった時、私は最前列やや右寄りにいたのですが、
モッシュの波で中央の三列目あたりに押しやられました。
はじめのうちキーボード真ん前でメンバーが見えにくかった
のですが、押されたおかげで前の人の頭の間から3人の姿が
見えるようになったのでむしろラッキーでした♪

3曲目。始まったドラムのリズムで「ユキちゃん」に
入るなと思ったら、久々に聞いた気がする
「ウィーウィル、ウィーウィルユキちゃん!」
会場からもすぐに大声のレスポンスが返ってきます。
気持ちよく盛り上がれる曲。

続いて3月16日発売のアルバムから2曲演奏。
2/12のライブで演奏したのと同じ曲でした。

続いてマルガリータのかっこいいベースから入る
「ユキちゃんの遺伝子」

そしてラスト定番の「サイケな恋人」
会場の熱気に押されメンバー三人はいつも以上の熱演!
三人の演奏姿は感動ものでした。

今回、ゲイリーはネクタイもパンツも会場に投げ入れ、
自らも客席に飛び込みました。
ゲイリーは人生初のダイブだったそうです。

ぎゅうぎゅう詰めの客席の上を後ろに送られていった
のですが、ダイブに慣れていない人も多かったせいか
客席中ほどで態勢が崩れてしまいました。
落ちてしまったゲイリーは自分で歩いてステージに
戻っていきました。

ゲイリーの人柄が現れるなんだかあたたかい雰囲気の
ダイブでした。
モーモールルギャバンのライブにはステージにも客席にも
愛とやさしさがあふれているのです!

三人の演奏姿を前列で目に焼き付けられるのは
本当にうれしいです。
モッシュにも負けないよう体力をつけておかないと
いけないなぁと思いました。
(とにかくメガネだけは守らないと!)

これからも
その時その時のモーモーメンバー三人の歩みと
しっかり向き合っていきたいと思っています。

スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。