--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.12

一日たって

きのうの14時46分ごろ東北地方で起きたM9の大地震。
時間がたつごとに深刻な被害が明らかになり胸が痛みます。
被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

私の住んであるあたり(群馬県西部)も揺れが大きくて
地震の直後に停電。
LPガスと水道は通常通り使えたので
食事の準備に支障が出ることはありませんでした。

携帯ラジオを聞きながら懐中電灯の灯りで夜を迎えましたが、
深夜2時45分ごろ12時間ぶりに電気が復旧し
いつもどおりの生活にもどることができました。

家を離れている娘と息子。
東京にいる娘からは、職場から歩いて帰ったと
昨夜連絡がありました。
職場に近い場所に引っ越していたので幸いでした。

なかなか連絡が取れず気がかりだった
仙台在住の息子からは、今朝電話があり
元気だとのこと。
無事が確認できたのでほっとしました。

アパートの2階に上る階段・廊下が壊れ
部屋に入れないのだそうです。
現在はアパートの大家さんの家でお世話になり
食事もいただいているとのこと。
本当にありがたく思っています。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
随分 ご無沙汰していますね

日に日に震災の脅威を感じてる私ですが
全く影響の少なかった関西地方から被災地を見ると
あの阪神大震災を身にして思い出します。

心からお見舞い申し上げます

Posted by つよし丸 at 2011.03.23 10:20 | 編集
>つよし丸さん

ご無沙汰しています。
今も大変な状況の中で暮らしている被災地の方々を思うと
自分にはどんなことができるのだろうと考えてしまいます。
ゲイリーの行動力には頭が下がります。

仙台市内にいた息子は4月下旬まで大学が休講する
というので地震から1週間目に帰省してきました。

私の住んでいるあたりでは、
買いだめで店頭からなくなってしまった品物が
だんだん店に姿を見せるようになり
ガソリン不足もかなり解消してきました。

計画停電はまだしばらく続くようですが、
これは関東地方の電力需要を賄うための停電。
福島の原子力発電所は、東北ではなくて
関東に電力を送るための施設。

快適な生活がどんなものの上に成り立っているのか
いろいろ考えさせられます。
Posted by 冷凍バナナ at 2011.03.23 15:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。