--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.10.15

9/17 モーモールルギャバンワンマン@渋谷club asia (その1)

モーモールルギャバン全国ツアー(全24公演)
  『ノグチ IN BLACK tour 2010』


ツアー初日の9月17日(金) 渋谷ワンマンライブに行ってきました。

===========================
▼2010年9月17日(金) 渋谷club asia
 『ノグチ IN BLACK tour 2010』
モーモールルギャバンワンマン!! (sold out!)
  18:30開場/19:00開演
  前売り2300円(別途1ドリンク)
===========================


渋谷ワンマン


今回のワンマンはチケットを取るのがものすごく大変で
チケットの一般発売初日のすごく早い時間に
売り切れてしまいました。
私は幸いなことに先行抽選でチケットが当選していたので
チケット獲得競争には加わらずに済みました。

(チケットを取れなかった人が大勢いたために
急きょ翌日の追加ワンマンが決まり、
渋谷ツーデイズのワンマンライブとなりました。)

今回は350人キャパの会場でした。
私のチケット番号は50番台。
番号順に呼ばれて入場していきます。
前から2列目、中央やや右のユコさん寄りの位置を
確保することができました。

開演時間が近づいてきたとき、「お客さんが
入りきらないので、もう少し前に詰めてください」
という放送があり、全体が前に詰めたとき
私は最前列に押しやられました。

前のほうは背の高い男の人が多かったので
ラッキーでしたが、柵と後ろの人に挟まれて
体がきついこときついこと。

開演時間を10分ほど過ぎて3人が登場。
今回は、3人ともノグチ IN BLACK ツアーTシャツ。
(ゲイリーとユコさんが紫で、マルガリータが白)

上半身裸ではないゲイリーを見るのは久しぶり(笑)。
ゲイリーは、ひざ上のぴっちりした黒のスパッツも
はいていました。
ユコさんはホットパンツにワイン色のタイツ。
マルガリータはいつもと同じ短パン。

カッコイイ音が会場に響いて
「渋谷! ジャンルはJポップです。よろしく!」
とゲイリーが叫ぶと会場がウワーっと沸きます。

◆1曲目 スメルズライクスルメ

3人のやけに迫力のある演奏。
でも聞きなじみのない音です。
インストかなぁと思っていたら、聞こえてきた歌詞が
「最低 君の足臭い 」

2年前に聞いたことのある「スメルズライクスルメ」でした。
あの曲がこんなにかっこよく変身したんだ!
あまりの変貌ぶりに大感激です。
続けて演奏したのが


◆2曲目 カミノケヌケタ

これも迫力のある曲。
ライブ会場限定発売のミニアルバム収録曲なのに
「ハゲルゾ ハゲルゾ」 「カミノケヌケタ」 と
一緒に歌う客がたくさんいました。

間奏でゲイリーが変な踊り(笑)をしながら
「眉毛(まゆげ)そりましたー!!」

:::::::::::::::::::::::::::

2曲目が終わったあと
ゲイリー
「今日も明日もワンマンっていうことで、
 ここ一か月、水泳と長距離ランニングを
 一日おきに毎日やってきました!」

ゲイリーがしゃべるたび会場がウワァーと沸きます。

「2曲で、すでにすごい疲れたっちゅーの!
 汗だくだっちゅーの!」
「てめーら、まとめて汗だくにしてやる!
 ハートに火をつけ踊れや踊れ!」


◆3曲目 POP!烏龍ハイ

客席一体になって盛り上がる盛り上がる!
会場の熱気のすごいこと。
後ろからギュウギュウ押され、すでにモッシュ状態!

つぶされないよう柵に腕を突っ張って体を守りながら
私も飛び上がったり、体を揺らしたり、腕を振り上げたり。
楽しくて楽しくてたまりません。


◆4曲目 コンタクト

ユコさんがしっとりと歌うセンチメンタルな曲。
まさしくJポップ。


◆5曲目 細胞9

またまた会場が盛り上がります。

::::::::::::::::::::

5曲目が終わったあとゲイリーが
「まだ半分も終わってないのが信じられない」
女の子「がんばれー!」
ゲイリー「がんばるよー!」

「Do you knowモーモールルギャバン ベーシストメン?」
「せーの!」  客「まるりーん!」

「ベース T-マルガリータ!」とゲイリーが紹介して次の曲へ。


◆6曲目 ユキちゃんの遺伝子

客席がのること、のること。
タイミングの良い掛け声、大声でいっしょに歌う歌声。
会場が一体となって熱く熱く盛り上がります!

さすが 「クロなら結構です」アルバム のリード曲。
去年の8月、初めてこの曲を聞いたとき (←クリック!) 
には、こんなに盛り上がる曲に仕上がるとは
思っていませんでした。
彼らの才能のたまもの。


◆7曲目 琵琶湖とメガネと君

マルガリータの裏声から始まります。
「シニータイ、シニータイ」 と会場がいっしょに
歌うさまはなんと言ったらいいのでしょう。
これも大変貌を遂げた曲。
こんなに素敵な曲になるとは思いませんでした。

::::::::::::::::::::

曲の後ゲイリーが
「お前ら、噂に聞いたけど、ロッピーの前で
 待機してないとチケット取れなかったらしいな。
 僕らはのんびりスタジオでお茶とか飲みながら
 練習しないとね。そんな感じでやってました。ゴメン!」


◆8曲目 悲しみは地下鉄で

ゆっくりと落ち着いたバラードです。
会場が静まって聞きます。
ようやくギュウギュウ押される会場の熱気から
解放されました。


◆9曲目 俺、風呂入るトゥナイト

静かなピアノの前奏から。
これもじっくり聞かせるバラードです。
モーモールルギャバンのバラードは心にしみます。

:::::::::::::::::::

曲のあとゲイリーが
「誰だ、バラードを2曲続けてやろうなんて言ったやつは」
「おとといスタジオで今日と明日のセットリストを
 3人で考えてたんですけど、僕の案がパスされました。」
会場からは笑いが

ゲイリー 「この案、考えたのはT-マルガリータ」
ユコさん 「だってどれでもいいっていうから」


◆10曲目 君のスカートをめくりたい

今度は激しい曲。


◆11曲目 ユキちゃん

曲に合わせて飛び跳ね、腕を上げ
さびはみんなで大声で歌います。
最後はゲイリーの叫ぶ「コユキー!」

::::::::::::::::::::

11曲目が終わったあとゲイリーが

「その昔モーモールルギャバンには、
 正確に言うと、
 モーモールルギャバンの前身バンドには
 野口というドラマーがいました!」

会場がウォーと盛り上がっているのに
ユコさんがなぜか笑っています。

ゲイリー 「なぜお前が笑う?」
ユコ  「ほんとひどいんだよ」
ゲイリー「パンティー泥棒は前身バンドから生まれた曲ですからね」

ゲイリー「渋谷!」  会場「イエーイ!」
ゲイリー「デストローイ!」  会場「イエーイ!」
ゲイリー「Jポップレボリューション!」  会場「イエーイ!」
ゲイリー「パンティー!」  会場「パンティー!」
次に叫んだゲイリー得意の小学生並み下ネタも
会場がそのまま大声で復唱。そして笑いが。

ゲイリー 「お前ら全員大馬鹿野郎」
ユコさん 「もっと自主性を持ったほうがいい」
会場は大笑いです。
私は最後だけは一緒に叫びませんでした(笑)。

==============================

(その2)に続きます。 ←クリック!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。