--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.27

9/11 篠原一弘・しのさち(仮)ライブ

9月11日(土) 長野県佐久市のライブハウスで
篠原一弘さん のライブを聞いてきました。
とても充実感あふれたライブでした。

BAKUJINのホームページで紹介されていた篠原一弘さんを
初めて聞きに行ったのが 2004年秋の軽井沢。
それ以来、毎年1回長野県に演奏を聞きに行っているのですが
昨年だけ行けなかったので、篠原さんとは2年ぶりの再会でした。

=======================
 ・2010年9月11日(土)19時30分開演
 ・RAVEN (長野県佐久市)にて
 ・出演者 篠原一弘 / しのさち(仮)
   (オープニングアクト:倉品翔)
=======================

最初に、佐久出身の倉品翔さんが2曲演奏。
大学生の倉品さんは今は東京方面で音楽活動をしている
のですが、イベント出演のため帰省中。
さわやかな歌声です。
彼が高校生だったときにも演奏を聞いたことがあります。

倉品翔
  *倉品翔

:::::::::::::::::::::::::::::::

次に、篠原一弘(しのはらかずひろ)さん のソロ演奏。
ピアノとギターの弾き語りで40分間、6曲。

最初の1曲だけカバーで、あとの5曲はオリジナル曲。
この2週間で作ったという4曲の新曲も初披露してくれました。

1. あなたに (玉置浩二)
2. 君がいた夏
3. イン・ジャスト・ナウ (新曲)
4. クレイジーナイト (新曲)
5. ふつうの幸せ  (新曲)
6. くそったれの唄  (新曲)

篠原一弘
  *篠原一弘

最初の2曲はバラード。
実に魅力的なよく通るつややかな声が、
うわっとせまってきて
気持ちがどんどん引き込まれていきます。

続いて披露してくれた新曲は、本人のいうには
ブルースと、ロックと、バラードと、ぐだぐだフォーク。
私はいまだにジャンルの区別がよくわかりません。

同じ人が作ったとは思えないほど
曲調や内容が多岐にわたり、
振り幅が大きいのが篠原さんの曲の世界。
どんなタイプの曲でも声に力があります。

私とすれば、
ギターをジャカジャカならしながら
ガンガン迫ってくる歌のほうが
生き方や気持ちが伝わってくる気がして
好きなのですが
篠原さんのラブソングにもうっとりと
ひきこまれてしまうのがくやしいほどです。

今を生きている篠原さんとちゃんと
向き合えたようでとってもうれしかったです。

私がライブで聞きたいと思うのは
その人でしか作れない世界を持っていて
それがしっかり伝わってくる演奏。
だから私はオリジナル曲にこだわりが強いんだなぁ・・・

なんて私のライブ通いの原点をふりかえったりしながら
篠原さんの演奏を聞いていました。

:::::::::::::::::::::::::::::::

続いて、しのさち(仮)の演奏。
篠原一弘さんと田村佐千代さん、二人のユニットです。

オリジナル曲とカバー曲を取り混ぜて、
50分で7曲、たっぷりと演奏してくれました。

しのさち(仮)
  *しのさち(仮)

さちよさんがメインボーカルで
篠原さんが伴奏とコーラス。
曲によってはツインボーカルでした。

さちよさんは、まっすぐ届いてくる澄んだ声。
やさしいけれど、篠原さんにひけをとらない
力強さを感じる歌声でした。

:::::::::::::::::::::::::::::::

このライブの写真を19枚、「別館・ばなな便り」に載せてあります。

*2010.9.11. 篠原一弘 ・ しのさち(仮)ライブの写真  ←クリック!

:::::::::::::::::::::::::::::::

今回の店に来たのは初めてだったのですが、
落ち着いた、とてもいい雰囲気のお店でした。

店のホームページで、店で行われたライブについて
ていねいに報告がされています。
店主が演奏をしっかりと温かい目で見てくれるので
とてもやりがいがあるだろうと思います。

RAVEN homepage  ←クリック!

行きは国道254で内山峠を抜けて
コスモス街道を走りながら佐久に行き、
帰りは国道18号で碓氷峠を下ってきました。

ライブ後の心地よい高揚感で眠くなることもなく
すがすがしい気持ちで夜道を運転して帰ってきました。

コスモス
*2010.9.11. コスモス街道
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。