--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.10.02

9/17 Fat Boys Blues Bandライブ・暗闇ナイト(1)

9月17日(日)に、千葉県の市川アルマナックハウスで行われた、
『暗闇ナイトVOL4』 の報告です。
先に、 →こちらをお読みください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◆ Fat Boys Blues Band

いつもは大所帯で演奏する Fat Boys Blues Band ですが
今回は、和田さんと小川隆治さん二人での 「プチFat」 としての出演でした。
昔のオリジナル曲を中心に8曲演奏しました。

プチFat

            左:Fat Boy和田さん   右:小川隆治さん

生き生きと演奏する姿が印象的な、とてもいいステージでした。
演奏が気持ちの中にすっと入り込んできて
曲をじっくりと味わうことができました。

プチFat


最後から2曲目に、共演者の 有馬基さんと クラカミユウイチさんが加わり、
セッションでFatBoysの曲を演奏しました。
楽しそうで、そしてとても聴きごたえのあるセッションでした。

セッション



ライブに出かけたとき、ごくまれに、客席との一体感があって、
出演者の持っている力がさらに引き出されていると感じるような
ライブに立ち会えることがあります。
今回のプチFatの演奏は、そんなライブでした。

客として演奏を聴いているという受身の立場ではなくて、
客もライブを構成している一員であると実感できるような
一体感を持てるライブです。

プチFat


もちろん出演者の気力の充実が大きく影響すると思うのですが、
そればかりでなく、会場の雰囲気、共演者どうしの信頼感や、
客席も含めて気持ちがしっかりと音楽に集中している姿勢も
大きくかかわるのだと思っています。
そんなライブに立ち会う機会があることを幸せに思っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
有馬基さんと クラカミユウイチさんのライブについては
しばらくお待ちください。
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。