--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.24

4/3 大慈弥崇ソロライブ@エビス駅前バー

遅くなってしまいましたが、4月3日に出かけたライブの報告です。

◆大慈弥崇ソロライブ 

  =======================
   2010年4月3日(土)
   エビス駅前バー
   開場18:30、開演19:00。出順は最初。
      電話予約2000円+ドリンク代
   出演:(O.A)吉橋航也 / 大慈弥崇 / 石ヶ森光政 
  =======================

大慈弥崇(おおじみたかし)さんのライブには
1年に1回か2回くらい出かけています。
私がエビス駅前バーに来たのは4回目です。

大慈弥崇ソロ


毎度のことながら、大慈弥(おおじみ)さんのHPから
ライブ報告を引用させてもらいます。

::::::::::::::::::::::::::

今回は我が師・石ヶ森光政氏との16年ぶりのジョイントで
いつもとはまた違った雰囲気でした。
大慈弥のソロパートは、様々な歌い方で、
バラエティーに富んだ曲目を! なんて思ってやりました。

曲目は以下のとおりです。
1.ブラックブラを買いにいこう
2.チキンパングラを食いながら
3.気の持ちよう
4.飲んじゃうとダメな俺
5.踊れ! 夜の精たち
6.ひかがみ
7.ねがい
8.曇天模様のブルー
9.宇宙のこと
10.懐疑
11.中庸で闊歩

石ヶ森光政氏とのジョイント
1.チョコレートベイビー
2.希望的予感
3.ころがっていよう

::::::::::::::::::::::::::
(以上、大慈弥さんのHPから引用させてもらいました)



今回のライブは予約で満席。
大慈弥さんの師匠である石ヶ森光政さんの
ファンも多かったようです。

大慈弥さんのライブ3曲目
「気の持ちよう」という曲の途中で
客席から笑いが起きていました。
(視点をちょっと変えてみればいいじゃん)
という内容の曲で、確かに笑っちゃう歌詞なのですが、
客席のこういう反応は新鮮でした。

初めて聞いた人にも歌詞がしっかりと伝わり、
情景がありあり浮かぶというのは
大慈弥さんの音楽的な力量のなせる業。

私が10曲目「懐疑」を聴くのはたぶん3回目。
思考回路が似ている気がして好きな曲です。
今回のアレンジもすごく素敵でした。

大慈弥崇ソロ

よく通る伸びのある声でゆったりと歌い上げる
曲があるかと思うと
攻撃的だったり、コミカルだったり。
やたら理屈っぽかったり、
小難しい言い回しをしてみたり。

曲調や歌の内容の幅が広くて奥行きがあり
歌い方やアレンジもつねに工夫されているのが
大慈弥さんのライブです。

大慈弥さんの演奏姿を見ているといつでも
精神的な鋭さを感じます。
常に課題を持って挑戦し続ける姿勢が
本当に魅力的です。

大慈弥さんの歌の師匠であるという
石ヶ森光政さんとのジョイントもありました。
大慈弥さんの演奏のあとに行なわれた
石ヶ森さんのライブも含め、
刺激的で楽しくて音楽っていいなぁと思った
素敵な夜でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このライブの写真を「別館・ばなな便り」に載せてあります。
*2010.4.3.大慈弥崇ソロライブの写真 ←クリック!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
冷凍バナナさま。
先日はライブにお越しいただき、ありがとうございました。
そして、ご感想をありがとうございます!

ライブは何回やっても、そのとき、その場で空気感が違って、
面白いなあと感じています。
同じ曲をやっても、すごく“受ける”ときもあるし、“難しい”ときもあるし。
それがまさに“ライブ”であるのだなあと思っております。
今回は、お客様の反応がステージまでビシビシ伝わってくる印象のライブでした。

私としては、バナナさんに“懐疑”のことを取り上げていただけて
嬉しく思っております。
あの曲はもともとロック調の曲が先にできて、
それに合わせて“叫ぶ”イメージで歌詞を書いたのですが、
“叫び”は、がなるだけがすべてではないと思い、
静かな表現をと考えてあのアレンジにしてみました。

既成の曲でも、いろいろな表現方法を模索して、
ステージでお届けできれば・・・と考えております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by おおじみ at 2010.04.29 20:59 | 編集
石ヶ森さんが
「おおじみさんの演奏を聞いて気持ちが解放された」
というようなことを言っていた気がするのですが、
前回共演した16年前というとファーストアルバム発売のころ。
重ねてきた年月とともにおおじみさんの演奏の印象も
きっと以前とは変わっていたのだろうと思います。

ステージと客席とがちゃんとつながっている雰囲気のライブ。
出演3組とも心地よく聞けた後味のいいライブでした。

また演奏を聴かせてもらうのを楽しみにしています。

今回手に入れた几(かぜがまえ)のアルバムも
とてもていねいに作られた本当に聴き応えのある作品でした!
Posted by 冷凍バナナ at 2010.04.30 20:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。