--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.03

3/20 モーモールルギャバンライブ@聖地トラスト編(高崎)

2週間前に出かけたライブの報告です。

◆モーモールルギャバンライブ(高崎TRUST55)

============================
 『2010年野口の旅~聖地トラスト編3マン~』

   ・2010年3月20日(土) 高崎TRUST55
   ・OPEN17:30 / START18:00 (21:00終演予定)
   ・ADV\1,500/DAY\2,000(ドリンク代別途)
  出演  ing / one gram tone(師匠 of Gary)/
       モーモールルギャバン
============================

「高崎かえって来たぞー!」 と叫ぶゲイリー。
榛名湖・かかあ天下・榛名山・観音山など地元ネタの入ったMC。
そして地元ならではの客席とのやりとりもありました。

モーモールルギャバン

メンバー3人の中の二人が群馬県出身です。
今回の高崎ライブについて、モーモーWEBの
ライブ告知にはこう書かれていました。

※ゲイリーが高校時代お世話になったライブハウスです。
特別な夜を是非目の当たりにしてくださいね♪

ゲイリーの熱演で1曲目からドラムの椅子の調子が
おかしくなったり、たびたびドラムセットを直しに来る
店のスタッフ。
モーモーメンバーの三人が充実感に満ちあふれる
表情で演奏していたのが印象に残るライブ。
会場の熱い空気に包まれたライブでもありました。

モーモールルギャバン

モーモールルギャバン目当てに東京方面から
高崎に足を運んでくれた人もいたので、
終電大丈夫か?とゲイリーが時間を気にしながら
会場からリクエストのあった美沙子の曲を
アンコールで演奏してくれました。

  1. 細胞9
  2. 琵琶湖とメガネと君
  3. POP!烏龍ハイ
  4. コンタクト
  5. ユキちゃん
  6. 野口、久津川で爆死
  7. パンティー泥棒の唄
  8. サイケな恋人
   (アンコール )
  9. 美沙子に捧げるラブソング

残り2曲になったとき、ゲイリーから
今回共演の2組への感謝の言葉がありました。
とりわけゲイリーのドラムの師匠がいる
one gram tone への思いを話したMCに心を打たれました。

one gram tone
  【 one gram tone  】 2010.3.20. 高崎TRUST55にて

私はモーモーの前に演奏したone gram tone のライブのとき
引き込まれて聞いていたのですが、
特にゲイリーのドラムの師匠の演奏と人柄が印象に残りました。
実にかっこよく生き生きとした華のあるドラム演奏!
この師匠にドラムを習ったから今のゲイリーがあるんだなぁ
とつくづく納得しました。

ほぼ一年前、昨年の4月に同じ会場で行われた
モーモーの高崎ライブにも私は来ていました。

昨年からの彼らの活躍は目を見張るばかりです。
今回の高崎ライブは、1年前に比べて客席の熱気も
演奏も遥かにパワーアップしていました。

モーモールルギャバンのメンバー3人が
活動を積み重ね、努力と才能で道を切り開き
彼ら自身の力でどんどん大きくなっていく過程を
目の前で見てきたので、胸が熱くなります。

モーモールルギャバン

音楽をやっている人が特別な思いで臨むライブに
多少なりとも気持ちを重ねられるのは
ファン冥利につきるなと思います。

また地元での演奏があったらぜひ出かけていきたいと
思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 このライブの写真を「別館・ばなな便り」に載せてあります。

*2010.3.20.モーモールルギャバンライブ@高崎(その1)の写真 ←クリック!
*2010.3.20.モーモールルギャバンライブ@高崎(その2)の写真 ←クリック!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。