--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.01.24

圧巻!1/21 モーモールルギャバン(CDショップ大賞・地方賞受賞ライブ)

2010年1月21日(木)にモーモールルギャバンのライブに行ってきました。

================================
「第2回CDショップ大賞 地方賞受賞アーティストによるライヴイベント」

日時 :2010年1月21日(木)19:00~(Open:18:30)
場所 :東京・渋谷BOXX
出演者: harmonic hammock(関東ブロック)、CHEESE CAKE(九州ブロック) 
    THE YOUTH(東北ブロック)、モーモールルギャバン(関西ブロック)、
================================
  ◆CDショップ大賞について ←クリック!

CDショップ大賞
   (ライブ会場入り口に置かれたパネル)

最初にこのライブの一般招待受付告知を見たときには、
演奏時間が短かそうなので応募しないつもりでした。
でも、1月10日に下北沢で見たモーモーライブ
あまりにも楽しかったので1/10ライブ後に申し込んだら
先着100名の中に無事入ることができました。

出かけて行って大正解!
いつもより演奏曲数は少なかったけれど
会場中が熱気に包まれた圧巻のライブでした。

今回はライブ会場内撮影禁止ということで
私はカメラを持たずに臨みました。
ライブが始まる前にコートもジャケットも脱いで
薄着になっていたのですが、
モーモールルギャバンのライブが終わったあとは
汗びっしょり。
いっしょに大声で歌ったり叫んだりしていたので
のども痛くなっていました。
いつも本当に楽しいライブです。

CDショップ大賞・地方賞

モーモールルギャバンは4組目のトリで出演。
 1. ユキちゃん
 2. POP!烏龍ハイ
 3. 野口、久津川で爆死
 4. サイケな恋人

1曲目はモーモーの代表曲ともいうべき「ユキちゃん」
最近のライブでは曲の前や後にゲイリーが叫ぶのが
ユキちゃんとは違う名前です。(笑)

1曲目終了後、
「京都から本物のJポップを届けに来ました、よろしく!」
とあいさつするゲイリー。
1曲目で折れてしまったスティックを客席に投げ入れ
「京都では絶対に起こらないスティックの奪い合い」
と、もう1本を投げ込み、
「バーベキューのまきにでもしてください」
と会場を笑わせるゲイリー。

2曲目の「POP!烏龍ハイ」あたりで、もう会場はノリノリ。
今回は広めの会場で客席の人数的にも余裕があったので
会場中が踊りまくりです。

3曲目の「野口、久津川で爆死」のとき
中盤のセリフ部分で若干の機材トラブルがあったものの
無事乗り切り、おしまいのセリフでは会場から拍手も。
少し静まった会場に向かってゲイリーが
「今から後半戦、始まります!」
と言ったあとの3人の演奏のすさまじいド迫力!!!!
初めて演奏を聞いた人は本当にびっくりしたと思います。
彼らの演奏とタイミングを合わせて、思いっきり
大声で叫ぶときの気持ちよさといったら!

最後の曲は、やはり彼らの代表曲ともいうべき
「サイケな恋人」
終わりのほうでゲイリーが
「こんな変なバンドが素敵な賞をもらって
ありがとうございます。来年は大賞をくださーい」
と叫んでいました。

野口、久津川で爆死

今回の第2回CD大賞の選考対象は、
2009年1月1日~10月31日に発表された
邦楽オリジナルアルバム。
今回地方賞を受賞した「野口、久津川で爆死」は
2009年11月11日発売だったので、
来年の選考対象になれますね♪

モーモールルギャバンライブが終わったあとで
司会者の二人(CDショップ店員の人)が話した
「いやー、すごかったですね」
「言葉がいらないんじゃないですか」
という感想がすべてを物語っている気がします。

モーモールルギャバンのライブをはじめて見たときには
本当にびっくりするけれど、あまりの楽しさに
病み付きになります。

3月・4月には全国ツアーも予定されています。
もっと大勢の人にモーモールルギャバンの音楽が
伝わっていくといいなと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。