--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.02

11/23 モーモールルギャバンワンマン報告(その1)

◆モーモールルギャバンワンマンライブ 

========================
  下北沢BASEMENT BAR
  2009年11月23日(月・祝)
  open18:30/start19:30
  adv¥2,000/door¥2,500(1drink¥500別途)
     ※ソールドアウトしました!!  
========================

モーモールルギャバン初めての東京でのワンマンライブ。
キャパ250人会場がソールドアウトになりました。
開場と同時に私は最前列に向かい、3人が見渡せる
キーボード前に位置取りました。

開始30分くらい前にメンバーが一人ずつ出てきて
セッティングの最終確認。
ユコさんが位置を直していたキーボードの上の
アンテナのついた小さな箱を初めてみました。

セッティング

予定より10分ほど遅れての開始。
ゲイリーが何だか懐かしい歌謡曲を歌い始め
客席との掛け合いに。
掛け合いに続いて
「日本にモーモールルギャバンがいる限りー!!!」
と大声で叫んで、1曲目から激しい曲。

◆1曲目 「カミノケヌケタ」

ミニアルバムの1曲目に入っている曲。
ユコさんがまた飛び道具を導入!
開始前から気になっていたキーボードの上の
不思議な形の箱はテルミンでした。
キーボードを弾きながらテルミンを自在に操る
ユコさんには惚れ惚れします。

モーモールルギャバン

ドラム、ベース、キーボードの三人編成で
繰り出される音のかっこいいこと!
1曲目から会場が盛り上がります。
間のとり方や緩急の付け方がうまいなぁと思います。

◆2曲目  「細胞9」

気持ちよく楽しめる曲。
アルバムバージョンの音よりも、ライブの方が
音が太くて厚みがありずっと迫力があります。
体を揺らしピョンピョン飛び跳ね
歌詞の部分はいっしょに歌い会場はノリノリです。

::::::::::::::::::::::

「モーモールルギャバンです。
ジャンルはJポップです。よろしく。
バンバン行くよ。」 
次の曲名を言った瞬間に会場が沸きます。

◆3曲目  「琵琶湖とメガネと君」

始めの方はなんだかふざけているみたいに
みえるのに、どんどん引き込まれていく曲。
特に後半の歌詞が好き。
去年聞いたときは、始めのほうの歌詞がもっとひどかった。
ライブではどう歌うのだろうと思っていたら
アルバムどおりの歌い方。
ちょっと残念な気がしたけれど
この歌詞ならラジオにもリクエストできます。

モーモールルギャバン

ライブにかけながら曲を進化させ、
クオリティを高めていくのがモーモーのやり方。
音楽にかける気持ちの強さと才能に脱帽です。

::::::::::::::::::::::

「モーモールルギャバン、東京でワンマンやるの
 初めてです。
 まさかソールドアウトになると思いませんでした。
 ありがとー。
 まだ3曲しかやってないのに疲れたぞ、コンニャロー。
 あと12曲ぐらいやるからお前ら楽しみにしとけ。
 まだまだ帰らせないよ。」

◆4曲目  「POP!烏龍ハイ」

またまたノリノリの曲。
ギュウギュウの会場の中で踊り、
いっしょに歌いながら、ハイ!の掛け声に
合わせて腕を振り上げるのです。
こういうポップなセンスも見事!

◆5曲目  「コンタクト」

切ない女心を歌ったユコさんボーカルの曲。
めずらしく真正面から作ったセンチメンタルソング。
君のメガネを壊したいという曲を作っておきながら
コンタクトの曲も作ってしまうセンスが大好きです。

モーモールルギャバン


◆6曲目  「美沙子に捧げるラブソング」

「拝啓、安田美沙子さん」という矢島さんの声に
会場がわきます。
支持が高いのにアルバムに入れられなかった曲。
本人の前で歌える日は来るのでしょうか。
5曲目・6曲目のベースラインがゾクゾクするほど素敵。
丸山さん、かっこいいです!

:::::::::::::::::::::::::

「僕一人だけ京都から鈍行列車で来ました。
 なぜなら車に二人しか乗れないから。
 せめて今夜は君のスカートをめくりたーい!」とゲイリー

◆7曲目  「君のスカートをめくりたい」

あれもモーモールルギャバン。
これもモーモールルギャバン。
曲ごとの極端な落差もモーモーの魅力です。
私はもともと爆音系のロックが苦手だし、
こんなわけのわからない曲ばっかりだったら、
絶対にファンになっていなかったと思います。 (笑)

:::::::::::::::::::::::

次の曲に入る前、折れていないスティックが残り2本しかないから
と、店のスタッフにスティックの差し入れを頼む矢島さん。

◆8曲目  「ユキちゃん」

モーモーのキラーチューンの曲!!
ライブのたびにやっぱりすごいと思う。
いつもいっしょに大声で歌い、
曲に合わせてピョンピョンとびはねながら、
いろいろな思いがわき上がってきます。
モーモーの曲は、微妙な間のとりかたが
ぐっときます。

◆9曲目  「野口、久津川で爆死」

ご存知、全国発売されたアルバムのタイトル曲。
ライブでやるときとやらないときがあるので
聞けた人は幸せ。
ライブ演奏の方が圧倒的に迫力があります。
矢島さんとタイミングを合わせ、
いっしょに大声で叫ぶのです!!

中盤の台詞の部分をどうやるのだろうと興味しんしん。
BGMも含めたアルバムのセリフ部分を完全に再現!
ライブでもできるのか! と感心しました。
これまでに聞いたいろいろなバージョンの
しゃべりも好き。

::::::::::::::::::::::::

「楽しい時間は短いですね。僕だけですか?
 もう半分は過ぎたからね。ありがとー。
 こういう曲ばっかりだと疲れるのでバラードやります。」
ゲイリーが次のタイトルを言うと会場がわきます。

モーモールルギャバン


◆10曲目  「俺風呂入るトゥナイト」

ライブ会場で売っているミニアルバムに入っている曲。
メロディの美しさ、切ない歌詞、名曲です。
前奏からぐいぐい気持ちが引き込まれていきます。
センチメンタルパンティーポップ、ここにあり。
こういうじっくり聞かせる静かなバラードを
最近あまりやってくれないので、
こういうタイプの曲もぜひライブで聞かせて欲しい。

===========================
※モーモールルギャバンワンマン報告(その2)に続きます ←クリック!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。