--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.21

11/13モーモールルギャバンライブ & 「野口、久津川で爆死」

◆モーモールルギャバンライブ(2009.11.13.)

========================
"shimokita round up前夜祭 「LIVELY UP」"
  ・下北沢 CLUB QUE
  ・2009年11月13日(金) 
    OPEN/18:30 START/19:00
    ADV/¥2000 DOOR/¥2300
  ・出演  kacica / モーモールルギャバン / 8otto
========================

モーモールルギャバン

「モーモールルギャバンです。
オバマ渋滞で大遅刻しました。
ぜめて今夜は君のスカートをめくりたーい!!」
と叫んで始まったライブ。

 1. 君のスカートをめくりたい
 2. 細胞9
 3. POP! 烏龍ハイ
 4. ユキちゃん
 5. サイケな恋人

今回も熱いライブを繰り広げてくれました。
最近のモーモールルギャバンを見ていると
もう勢いが止まらないという感じ。

このところの反響はすさまじく、
メディアでの紹介や口コミの評判などで
モーモーの音楽にふれる人が増えていき
これまでの、知る人ぞ知るという状態から
一気に日のあたる場所に躍り出てきた印象があります。

モーモールルギャバン

モーモールルギャバンの強みは
幅広い人から支持をもらえること。
音楽ギョーカイの人やミュージシャン。
音楽好きな若者はもちろん、中高生から
一部の(笑)おじさん・おばさんまで。

音楽に詳しくない普通の人の気持ちも
虜(とりこ)にするような魅力があります。

反響が反響を呼ぶというような形で
これからすごいことになっていくのではないかと
期待も込めて思っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::

ライブに先立って、
11月11日にモーモールルギャバンのアルバム
「野口、久津川で爆死」 が全国発売されました。

発売前にアマゾンで聞いたアルバムの試聴は、
ライブでの彼らの演奏とは、音の色が違っていたので
ちょっと違和感がありました。

野口、久津川で爆死
※ 「野口、久津川で爆死」  MOWMOW LULU GYABAN 


実際にアルバムの演奏を聞いてみたら
その違和感をすべてふきとばし、
1曲目で完全にやられて、その後の曲も
ぐいぐい引き込まれていきました。
彼らのいろいろな魅力がたっぷりとつまった
聞けば聞くほどクセになる
本当にいいアルバムになったと思います。

現在の彼らの音楽は、間違いなく
彼らが積み重ね、作り上げてきた成果だと思います。

アルバム1曲目の「琵琶湖とメガネと君」は
昨年聞いたあの曲が、こんなに素敵な曲になった
と感激して涙が出ました。
彼らの音楽にかける気持ちの強さと、
音楽的な才能の深さに感服です。

モーモールルギャバン

モーモーが現在の3人編成になる直前の2007年12月、
私は、京都から初めて東京遠征に来た
モーモールルギャバンのライブに偶然出会いました。
それ以降、遠くからではあるけれど、
ずっと彼らの活動を追い続け、
昨年は2回、今年はこれまでに6回
モーモールルギャバンのライブに行きました。

もっぱらインターネットをとおして
彼ら自身が発信してきたことや
彼らの音楽活動に対する反響など
モーモールルギャバンの活動のようすが
ありありと伝わってきます。
しかも時間もさかのぼった過去の情報まで
手に入るというのはすごいことです。

私の心をとらえて離さなかったのは、
彼らが聞かせてくれる演奏の魅力とともに、
もっぱら矢島さんの日記から伝わってきた
彼らの音楽に向かう姿勢や人間的な魅力なのかも
しれないと思っています。

変態ポップスなんて言われる、愛すべきお馬鹿バンド。

本当は知性あふれて誠実で音楽的中身が深くて
愚直なまでに真っ直ぐ音楽に向かっている
そんな3人のメンバーがいとしくてたまらないのです。

モーモールルギャバンは圧倒的なライブバンドなので
ぜひともライブ会場で、彼らと同じ空気の中で
モーモールルギャバンライブを体感してほしいと思います。

モーモールルギャバン

今年5月のマキタ学級大文化祭2009春で
モーモールルギャバンの演奏を聞いていた私は、
彼らがどんどん大きくなっていく過程の
歴史的な場面に遭遇しているのではないかと
背中がゾクゾクするような、体がふるえるような
高揚感に襲われました。

今年9月、フジテレビのファクトリーライブ会場で
モーモールルギャバンの演奏を見終わったときの私は、
もしかしたら、これからのモーモールルギャバンは
なかなか手が届かないくらい遥かに大きくなってしまう
かもしれないという寂しささえ感じたのです。
なんだか予感が現実になりつつある気がしています。

「別館・ばなな便り」に
11月13日のライブの写真を20枚載せてあります。
*2009.11.13.モーモールルギャバンライブの写真  ←クリック!

:::::::::::::::::::::::::::::

このブログの 「ライブレポート」 カテゴリーの中から
モーモールルギャバンを独立させました。
過去のモーモーライブのレポートなどを載せてあります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。