--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.16

10/3 モーモールルギャバン【マキタ学級大文化祭2009秋】 その1

2週間もかかってしまいましたが、ようやく
10月3日(土)に行なわれた 【マキタ学級大文化祭2009秋】 での
モーモールルギャバンライブのレポートができました。
二つに分けてあるので、続いて(その2)をお読みください。


==============================
『マキタ学級大文化祭2009秋』
 ・2009年10月3日(土)
 ・新宿LOFT&新宿FACE(両会場行き来自由)
 ・時間:OPEN 13:00 / START14:00(22:00終演予定)
 ・料金:前売5500円 / 当日5800円 (2drink別)
 ・出演:マキタ学級 / 大槻ケンヂ / 漁港 / ザ50回転ズ / ザ・コレクターズ /
     曽我部恵一BAND / 清水ミチコ / サンプラザ中野くん /
     モーモールルギャバン / OKAMOTO'S / ホフディラン /
     ザ・たこさん / 在日ファンク / エハラマサヒロ / エレキコミック /
     ダイノジ / THE GEESE / 松村邦洋 / 井上マー / キングオブコメディ /
     ネゴシックス / TKO / ほか
==============================


  * モーモールルギャバン  2009.10.3.撮影 (新宿ロフトにて)
モーモールルギャバン
 
◆モーモールルギャバンライブ (from京都)

マキタ学級大文化祭では、
新宿LOFTと新宿FACE、2つの会場で同時にステージが進行し、
お客さんはどちらの会場にも自由に出入りができます。

今回のモーモールルギャバンはロフト会場のトップバッターでした。
先に開会した新宿フェイスでステージトラブルがあったため
主催者マキタスポーツさんのロフト会場での開会宣言が遅れ、
モーモールルギャバンのライブは予定より30分ほど遅れて
午後3時過ぎから始まりました。

私がマキタ学級大文化祭でモーモールルギャバンの
ライブを見るのは、2008秋、2009春に続いて今回が3回目。

1年前も半年前も今回も、私は同じ新宿ロフトの
最前列か2列目でモーモーの演奏を見ていたのですが、
今回不思議な感覚に襲われました。
メンバーの演奏姿がこれまでよりずっと近く、
そしてこれまでになく大きく感じられたのです。

モーモールルギャバン

春以降、ツアーで各地を回り、初見のお客さんの心を
とりこにして全国にファンを増やしてきたことや、
大きなステージを重ねてきた経験や自信で
彼らが大きく見えるのかもしれないと思いました。

特筆すべきは、
モーモールルギャバンのステージに集まった客の多さ。
開演前に会場に集まった客のおよその人数を数えてみたら、
70人から80人くらいは確実に、私からは見えない位置にも
客がいたと思うので100人近くの客がいたと思います。

ほんの少しだけ離れているフェイス会場では
同じ時間帯にサンプラザ中野さん、続いて松村邦洋さん
という超有名人のステージが組まれていただけに、
モーモールルギャバンの演奏を聞くために、
これだけたくさんのお客さんが集まってくれたことは感無量!

モーモールルギャバン

1年前の2008秋に、はじめてこのイベントに来たとき
私は午後2時半開始の1番目の出演者から
6番目のモーモー、7番目のマキタ学級ステージまで
ずっと新宿ロフトで演奏を見ていました。
そのとき、とりわけ早い時間帯は客席がまばらで、
集客の厳しさを痛感させられただけに
今回のモーモールルギャバンの集客力は感動的でした。

それにしても、毎回のタイムスケジュールで
絶妙な位置にモーモールルギャバンを入れてくれる
主催者マキタ学級の配慮と読みの確かさに大感謝なのです。

半年前、2009春のモーモールルギャバンの出番は
深夜3時過ぎ、大トリ・マキタ学級のステージ直前。
そのとき、会場にみっしり詰まったお客さんの前での
モーモールルギャバンのライブは
並々ならぬ決意で敵陣に乗り込むような勢い。
初々しさも含め、ありったけの力でぶつかっていく
チャレンジャーとしての姿を見せてくれました。

今回は、会場を自分たちの場にしてしまったような
たくましさが感じられたステージで、
直球勝負の気持ちのいい演奏でした。

モーモールルギャバン

==============================
 ※(その2)に続きます。  ←クリック!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。