--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.08.12

7/31 大慈弥崇ワンマンライブ

◆大慈弥崇ワンマンライブ◆
   ・2009年7月31日(金)
   ・高円寺アローン
   ・開場19:00、開演19:30。
   ・チャージ2000円+ドリンク代(1ドリンク500円)
========================

大慈弥崇(おおじみたかし)さんのワンマンライブが
高円寺アローンで行なわれました。

アンコールも含めて全27曲。
残念ながら私は24曲目までしか聞けなかったのですが、
演奏をたっぷり、じっくりと味わうことができました。
ひじょうに満足感の高いライブでした。

大慈弥崇

技量の上手さや演奏内容の満足感ばかりでなく、
大慈弥(おおじみ)さんが、常にストイックに
あくなき追求心を持って
一人で音楽に立ち向かっていく姿に
潔(いさぎよ)さや すがすがしさを感じるから、
大慈弥さんのライブに通いたくなるのだ
と思っています。

今回のライブでは、余計なものがそぎおとされて、
音楽に向かう角度がますます鋭くなったような
印象がありました。

毎回、無断引用なのですが、
大慈弥崇さんが自分のHPの掲示板に書いた
ライブ報告をコピーさせてもらいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ワンマンライブ終了!
投稿者:おおじみ 投稿日:2009年 8月10日(月)

あっという間に10日間がすぎてしまいましたが・・・。
7月31日(金)大慈弥崇ワンマンライブ蒟蒻畑 於高円寺アローン
終了いたしました。
多くの皆様にご来場いただきました。
感謝、感謝です!
本当にありがとうございました。

2時間の長丁場、できるだけいろんなタイプの曲をと思ってやってみました。
アンコール、2度もいただき、ありがとうございました。
曲順は以下のとおりです。

 1.煽動家はヒーロー
 2.懐疑
 3.気の持ちよう
 4.極楽極楽
 5.夏踊り
 6.俺の夏
 7.風化させたくない
 8.チキンパングラを食いながら
 9.余計な話
 10.宇宙のこと
 11.はじまり
 12.いつもこんな調子
 13.飲んじゃうとダメな俺
 14.踊れ! 夜の精たち
 15.素振りなら まかせとけ
 16.恋はさかとったり
 17.内股の女
 18.ブラックブラを買いにいこう
 19.うたた寝の後で
 20.御偉方の歌
 21.忘れさせてくれ
 22.忘却の此方
 23.ころがっていよう
 24.こけた阿呆(まだまだやれる)
 25.中庸で闊歩
 アンコール1.パイオツ以上 サコツ以下
 アンコール2.そばにいられたら
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 (以上、大慈弥崇さんのHPから引用させてもらいました)


大慈弥崇

私が初めて聞いたのは、
3、9、10、20、21、22、の6曲。
3は歌詞の内容がひじょうに面白かったです。

もしかしてこの6曲のなかで
几(かぜがまえ)ライブ(←クリック!)で
聞いた曲があったかもしれないと思って
確認してみたら、3曲めが演奏されていました。

私は大音量ライブが苦手で
歌詞が聞き取りにくいので
実質的には初めて聞いた印象です。

11から14あたりの曲では、
大慈弥さんの声の魅力をたっぷりと味わえます。
伸びやかでよく通る甘やかな声です。

歌が上手くて声が魅力的、しかも
歌の思いがしっかりと伝わってくる人に
私は惹(ひ)かれる傾向がある
ということを改めて自覚させられます。

12の曲
アルバムでは 「30年以上」 と歌っていた歌詞を
今回は 「40年以上」 と歌っていました。
年輪の積み重ねを感じます。

インターネットを通して大慈弥さんと出会って6年。
大慈弥さんのライブに行き始めるより先に
3枚のアルバムを取り寄せて聞いています。
取り寄せたアルバムを、当時高校生だった
子どもたちと一緒に聞いたことを思い出します。

大慈弥崇

24曲目が終了した時点で会場を出てしまったので
残りの曲を聞くことができませんでした。
他の出演者がいないので、高円寺発9時30分の電車には
間に合うだろうと予想していたのですが、
読みが甘かったです。
残りの3曲とも好きな曲だったので残念でした。

報告でも書かれているように、
大慈弥さんの作る曲には
さまざまなタイプの曲があります。

さまざまな曲を作って演奏し、
音楽を通して自己表現をしているのだから、
大慈弥さんが 「芸術的なセンス」 や 「感性の鋭さ」 を
持ち合わせているのは当然のことだと思います。

芸術的なセンスとか、感性の鋭さというのは
私がほとんど持ち合わせていない資質なのですが、
大慈弥さんが作る曲の中には、私とよく似ている
と思うタイプの曲もあります。

最初の方に、攻撃的でやたら理屈っぽい曲があります。
中盤あたりの曲にも、たとえば
『一側面からしか見えない ものごとのかずかず』 という
歌詞があったりします。

大慈弥崇

目の前で繰り広げられている出来事に対して、
いったん頭の中を通過させて、さまざまに思考を重ね、
最もふさわしい言葉や言い回しを探し出して
納得のいく言葉に置き換えないと
どうにも自分の中でおさまりがつかないところ。

感情や気持ちよりも理性が勝ち、つい
ごちゃごちゃと頭の中で理屈をこね回してしまう。
しかも言葉に対するこだわりが強いところ。

そういう 『思考回路』 が大慈弥さんと私とは
似ているなと思うのです。
だから大慈弥さんの作る曲が
私の頭の中にしっかりと入ってきて、
すとんと胸に落ちるのかもしれません。

ライブの後で、今回演奏した曲名を確認するために、
大慈弥さんのホームページの
過去のライブ報告をさかのぼって調べてみたら、
今回やらなかったけれど印象に残っている曲がいろいろあったし、
私がまだ聞いたことのない曲もたくさんありました。

大慈弥さんのライブには、決してひんぱんに
通っているわけではないけれど、
途切れることなく年に1~2回のペースで
通い続けています。

今後もゆっくりとしたペースだと思いますが、
ずっとライブに出かけて行きたいと思っています。

 *大慈弥崇さんのホームページ ←クリック!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回のライブの写真を
「別館・ばなな便り ~ライブ写真の部屋~」に載せてあります。
*2009.7.31. 大慈弥崇ワンマンライブの写真  ←クリック!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
冷凍バナナさま。
わたくしのワンマンライブのレポートをありがとうございました。
バナナさんには本当によく聴き込んでいただいてるなぁと思います。
歌詞はかなりこだわってつくっているつもりなので、
そこをちゃんと聴いてくださっているのが、とても嬉しいです。
最後は電車の関係で途中でお帰りになられたのですね。
遠いところをお越しいただき、ギリギリまで聴いていただいて、
本当にありがとうございました!
Posted by おおじみ at 2009.08.13 22:15 | 編集
>おおじみさん
こんなにたっぷり演奏するとは思っていませんでした。
事前に終了予定時刻を聞いておけばよかったです。

またライブで演奏を聴かせてもらうのを楽しみにしています!
Posted by 冷凍バナナ at 2009.08.14 21:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。