--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.29

無残な姿(ハクモクレン)

このところの寒さで、色が変わってしまった
白木蓮(ハクモクレン)をあちこちで見かけます。

早く咲き始めた花ほど痛みが激しいようです。
ハクモクレンの色が変わってしまうのは
寒さのほかに、強い風も影響するようです。

ハクモクレン
*2009.3.28.撮影

写真の上の方に見える赤紫色は、
ようやく開き始めた紫木蓮(シモクレン)のつぼみです。

お寺の境内にある大きなハクモクレンは
花の色がさほど変わっていませんでした。

ハクモクレン
*2009.3.28.撮影

お寺のハクモクレンは咲き始めが遅かったのと、
そばに大きい木があるので
寒さや風の影響が少ないのかもしれません。
真っ白い花のまま満開になるといいなぁと思います。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。