--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.03.06

3/1 石川浩司ライブ(群馬・熱帯植物園)

◆石川浩司ライブ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
群馬・熱帯植物園なんじゃもんじゃ会

 2009年3月1日(日) 開演14時
 会場 碓氷川熱帯植物園 (群馬県)
 料金 2000円
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

石川浩司ライブ

「石川浩司」 という名前を聞いてもぴんとこない人でも、
「たまのランニング」 と言えばわかるかもしれません。

もう20年ほど前のバンドブームのとき、
イカ天出場から一気に有名になり、レコード大賞新人賞獲得、
NHK紅白歌合戦出場も果たした、『たま』 のパーカッションの人。
湯桶や空き缶なんかをたたいていたランニング姿の人です。

『たま』 というと、一発屋のイメージがあるかもしれませんが、
5年前までずっとバンド活動が続いていました。

メンバー全員が作詞作曲をして、自分の持ち歌は自分が歌います。
たまライブでは、メンバーそれぞれの個性あふれる曲を
豊かなアレンジで演奏していました。

『たま』 解散(2003年10月)後にテレビ映像や音源を聞いて
ファンになったという若いたまファンも大勢いて
メンバーのソロライブに通ったりしているようです。

今回のライブ主催者も、「たま」現役時代には
たまライブに行った事がなかったという若い人でした。

今回は、熱帯植物園の温室の中での演奏。
マイクなし、ギター1本での生声ライブでした。

石川浩司ライブ

演奏が始まったらびっくり!
天井が高いせいか、声が本当によく響き
お風呂場で歌っているみたいに天然のリバーブも効いて
思いがけず絶好の音楽環境の中で演奏を聴くことができました。

第1部は8曲の演奏。
第2部は、リクエストコーナー。
手書きの「僕のできる曲リスト」からの
リクエストに答えて10曲。
最後に即興で主催者に贈る歌を歌ってくれました。

休憩なしの全19曲。85分間の熱演でした。
パワーあふれる演奏でした。

石川さんの曲はひじょうに多面的な魅力があります。
懐かしかったり、辛らつだったり、お茶目だったり。

あまり一般受けしないことだけは確かで、
好きと嫌いがはっきりと分かれます。
世の中の少数派だろう好きな人は
どんどん深みにはまっていくというような世界です。

石川浩司ライブ

スカスカでちゃちな、しょぼい曲があるかと思うと、
壮大なスケールの重厚でメロディアスな曲があったり。

ポップでコミカルな曲があるかと思うと、
暗黒の世界をのぞきこむような怖い曲があったり。

世の中に対する皮肉や毒のある曲があったり、
気持ちがジーンとする暖かい曲があったり。

人前でおおっぴらに聞きたくない曲もあります。

この植物園は無料で見学できるので
たまに見学の人が通りかかることもありました。
(狭いのでじっくり見学しても10分かかりません。)

時おり演奏の様子を見に来た植物園の職員の人はきっと
「なんじゃ、こいつは?」と思ったに違いありません。

石川浩司ライブ

今回はコアなファンだけが集まった内輪の集まりではないし、
かといって外向きに開かれた会というわけでもないので、
石川さんとしては焦点を合わせにくかったかもしれません。

壮大なスペクタクルである、
「汽車には誰も乗っていない」 「ガウディさん」
を聞けたのはうれしかったです。
名曲「秋の風」は、他の見学者がいない時に
歌ってくれました。
「オンリー・ユー」も聞けました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
第1部 
  1. ひとり闇鍋
  2. カブラギの教え
  3. 待ち合わせ
  4. カイボーするなら
  5. 昭和ヒーロー数え歌
  6. 夜の牛たちのダンスを見たかい
  7. おいしいうそがいっぱい
  8. オンリー・ユー

第2部 (リクエストコーナー)
  1. 汽車には誰も乗っていない
  2. コクヨのヨコク
  3. エチケット番長
  4. ガウディさん
  5. 冥王星
  6. 秋の風
  7. 誕生日
  8. どっこいしょ
  9. ぼけ
  10. ウララ
  11. (即興)主催者に贈る歌
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

石川浩司

ほんの間近で、たっぷりと演奏を聞けたのがうれしかったです。
考えてみたら、石川さんの真骨頂である
即興の語りが入る曲をリクエストしそびれてしまったのが残念です。

ライブが終わったあとで、ファミリーレストランに行って
主催者と私と石川浩司さんと三人で歓談することもできました。


今回の 「なんじゃもんじゃ会」 というのは、
素人主催の石川浩司さんの出前ライブです。

明朗会計で、びっくりするほど安い値段設定になっています。
集客のめどがつかず主催者の個人負担になったとしても
さほど痛手にならない価格にしてあるのは、すごいと思います。

「なんじゃもんじゃ会」についての詳細 ←クリック!

石川浩司さんのホームページ  ←クリック!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今回のライブの写真を
「別館・ばなな便り~ライブ写真の部屋~」に載せてあります。
ライブの雰囲気がよく伝わると思います。

*2009.3.1. 石川浩司ライブ(群馬・熱帯植物園)の写真 ←クリック!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。