--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.11.07

10/25 お台場から歌舞伎町へ(ライブ報告)

▼ 11/12 追記 
後半部分のライブレポートに載せた写真の扱いに
迷ってしまい、11/7 にアップした記事を
2時間ほどで非公開にしてしまいました。

印象の強かったライブなので、
写真部分を省いた感想だけ載せることにしました。
後半は文字ばかりで読みにくいかもしれませんが
よろしかったらどうぞ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もう2週間も前ですが、10月25日(土)に
お台場と新宿歌舞伎町、二ヶ所のライブに行ってきました。
頭の中には感想がいろいろあるのですが、
文章にまとめるのが大変なので、ごくごく簡単に報告。

最初にアクアシティお台場の6階に行って、
レインボーステージのAERIAL(エアリアル)ライブを
聞いてきました。

◆アクアシティお台場・レインボーステージ

AERIALレインボーステージ
*2008.10.25.撮影 

お台場のレインボーステージに出かけて
AERIAL(エアリアル)の演奏を聴くのは3回目。
ゆったりと落ち着いた雰囲気でライブを味わえるので
好きな会場です。

AERIAL

今回は、以前歌詞を読んだことはあるけれど
まだ聞いたことのなかった曲も聞くことができました。
1時からと3時からの2回ステージがあったのですが、
今回は1時のステージだけ聞いて、次のライブ会場に
移動しました。


次に行ったのは、新宿歌舞伎町。
歌舞伎町の三つの会場を使って行なわれた
大規模なフェスティバルです。

◆マキタ学級大文化祭2008

2008年10月25日(土)※会場出入り自由 
【第1部】新宿LOFT&PLUSONE/新宿FACE  3会場まわれます!
【時間】開場14:00/開演14:30
-------------------------------------------------------------
【第2部】新宿LOFT/LOFT PLUSONE 2会場まわれます!
【時間】開場24:00/開演24:30
-------------------------------------------------------------
 *イベントの詳しい内容は、こちらをどうぞ
~歌舞伎町フェスティバル~マキタ学級大文化祭2008 ←クリック!

私は、前売りの1部・2部入れる一日通し券を持っていて、
3会場のどこでも入れたのですが、
私はずっと新宿LOFTにいて、
1部の1組目から7組目までの演奏を聞いたあと、
午後8時前に会場を出て家に戻りました。

私のお目当ては、この二組でした。
 *モーモールルギャバン (新宿LOFT・6組目)
 *マキタ学級 (新宿LOFT・7組目)

今回のイベントに行く前から十分わかっていたことですが、
やっぱり私のような中年のおばさんには向かない
ジャンルだなぁと痛感。

私は、若い出演者の親世代に近く、もともと大音量の音楽が
苦手なのだから当り前の話です。
会場の客は20代くらいが中心。30代半ばくらいまでの人が
ほとんどだった気がします。

でも刺激的な出演者も多かったし、面白いライブだったので、
私は、ずっとスタンディングで5時間、
ほぼ最前列のかぶりつきで 7組の演奏を見ていました。

早い時間から始まっていたこともあるし、
私がライブを見ていたのが、
「いわゆる有名人」の少ない会場でもあったので、
時間帯によっては、集客のきびしさを感じる場面も
ありました。
音楽をたくさんの人に聞いてもらうことの
大変さを思うと、せつない気持ちになります。

私はこれまでにいろいろなライブに行って、
さまざまな演奏を聞いてきました。
上手い演奏や素晴らしい演奏を聞いて、
すごいなぁ、素敵だなぁと思っても、
さほど心が動かないことがあります。

その人(そのバンド)でなくては伝えられない演奏なのか、
「音楽に向かう熱」 を感じることができるのか、
伝わってくるのか、伝わってこないのか、
私がちゃんと受け止められるのか、
私はいつもそういうことにこだわってしまうのです。

今回のライブでは個性的な出演者が多く、
存在感のある演奏、
「音楽に向かう熱」 を感じる演奏を
たくさん聞くことができました。

今回の主催者、「マキタ学級」のライブを見たのは2回目です。
私は音楽のジャンルのことはほとんどわからないのですが、
マキタ学級の演奏を聞いていると、
「骨太のロック」 だなぁという気がしてきます。

マキタ学級のライブからは、
外側から見える形や演奏スタイルばかりではなくて、
ロックの「精神」が伝わってくる気がします。
こういう大規模なイベントを企画運営し、
毎年挑戦し続ける気持ち自体がロックなのかも
しれないと思いました。

私にとっては苦手ジャンルの演奏が多かったので、
中年おばさんには向かないイベントだと思ったけれど、
それでもとても面白かったので、もしかしたら、
また出かけたくなるかもしれません。

もしまた出かけるようなことがあったら、
1部・2部通して朝までたっぷり演奏を聞いてみたいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。