--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.31

8/23 大慈弥崇ソロライブ

=========================
 大慈弥崇(おおじみたかし)ソロ

  2008年8月23日(土)  エビス駅前バー
  開場18:00、開演19:00、2組出演
  当日2000円(電話予約1500円)+ドリンク代
=========================

今回のライブ会場であるエビス駅前バーは、
ひじょうにシンプルな空間でした。
酒場での演奏につきものの ざわざわした雰囲気は
全く感じられず、二組の演奏とも
ひじょうに集中して演奏を聴くことができました。

大慈弥崇ソロ

いわゆるステージというものはなくて
店の奥の机を移動して空けた場所に
マイクスタンドと椅子が置かれているだけ。
演奏中は店内の照明をぐっと暗くして
演奏している場所だけ明るくしてありました。

大慈弥(おおじみ)さんの声量とギター演奏だったら
マイクを通さなくても店の隅まで届くだろうと
思えるような、こじんまりとした空間でした。

今回の店には、凝った照明があるわけではなく、
効果的な音響に助けられるわけでもないので
何かに頼ったり、何かのせいにしたりすることが
できません。

ありのままの姿、持っている力そのまましか
うつせないという意味では、もしかしたら
怖い空間なのかもしれないと思いました。

大慈弥崇ソロ

私がこれまで大慈弥(おおじみ)さんのソロ演奏を聴いた
渋谷アピアや高円寺アローンでの大慈弥さんのライブは
「余計なものをそぎ落とした研ぎ澄まされたライブ」
というような印象がありました。

それに対して、今回のエビス駅前バーでのライブは
たっぷりと演奏時間があって演奏曲数も多く、
大慈弥さんの、はつらつと生き生きした姿や
ふくよかな豊かさを味わえるライブだった気がします。

いつもよりリラックスしていたけれど
決して演奏自体に手を抜くことはなく
緩急をつけた聴き応えのある演奏でした。
ソロであっても厚みを感じるライブでした。

大慈弥崇ソロ

「勢い」 とともに 「ていねいさ」 を感じる演奏で、
やわらかいけれど張りのある、のびやかな声を生かし、
曲に合わせて工夫して歌っているのを感じました。

私は大慈弥さんのソロとバンドの演奏、
それぞれ何度か足を運んだことがあります。

私がとりわけ大慈弥さんのソロの演奏が好きなのは
すべて自分で引き受けて一人で立ち向かっていくような
潔さ(いさぎよさ)を感じるからです。

音楽に真剣に取り組み続けるには困難を伴うし
葛藤(かっとう)だってあることは、
大慈弥さんの作った曲を聴いていても
容易に想像できます。

それでも大慈弥さんのライブに足を運んで
大慈弥さんが常に挑戦し続ける姿を見ていると、
真っ直ぐに前を見据えているまなざし、
そして
荒野の中で向かい風にさらされながらも
一人で踏ん張りながら必死で立っているような
いさぎよさを感じるのです。

大慈弥崇ソロ

ライブ終了後、大慈弥さんが自分のホームページの
掲示板に書き込んだライブ報告を (無断ですが)
転載させてもらいます。

------------------------------------------------------------------------
エビス駅前バーにお越しの皆様ありがとうございました
   投稿者:おおじみ


8月23日、大慈弥崇ソロライブ終了いたしました。
雨が降る肌寒い日にもかかわらずご来場いただいた皆様
本当にありがとうございました。

まずは、若者2人ジャズギターユニットの大家くん・大野くんが出て
気持ちのいい演奏を聴かせてくれました。
続く大慈弥も最大限頑張ったつもりです。
アンコールをいただき、ありがとうございました!
曲目は以下のとおりです。

1.そばにいられたら
2.飲んじゃうとダメな俺
3.踊れ! 夜の精たち
4.パイオツ以上 サコツ以下
5.ブラックブラを買いにいこう
6.なつやすみのおさかな(コピー)
7.いつもこんな調子
8.うつろい
9.煽動家はヒーロー
10.中庸で闊歩
11.ころがっていよう
アンコール こけた阿呆(まだまだやれる)
------------------------------------------------------------------------



今回の演奏曲は、アルバムに収録されている曲が
多かったので、
私が大慈弥さんのライブに行き始めるより前の
ちょうど5年前に
「大慈弥崇と時の人」の3枚のアルバムを取り寄せ
当時高校生だった子どもたちもいっしょに
よく聴いていたことを思い出しました。

これからもおそらく1年に1回か2回くらいの
ペースだと思うのですが、
大慈弥さんのライブに足を運びたいと
思っています。


※このライブの写真を「別館・ばなな便り~ライブ写真の部屋~」に
  載せてあります。

  *2008.8.22.大慈弥崇ソロ  ←クリック!


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ふと思い立って、前回ソロライブに行ったのは
いつだっただろうと調べてみたら、ずいぶん前でした。
2006年12月。 1年8ヶ月も前です。

こんな感想を書いていました。
大慈弥さんのライブの感想はいつも
中身が濃くなる気がします。

*2006年12月ソロライブの感想  ←クリック!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
先日はありがとうございました。
いつも応援いただき励みになっております。

アピア、アローンの空間も好きなのですが、
エビス駅前バーはまた違った雰囲気があり、こちらも好きなお店です。
ライブはそのときお越しいただいたお客様と
お店の雰囲気と、対バン(競演者)の音楽、
そして自分(演奏者である私)の状態
といったいろいろな要素が相まって
そのときだけの空間が生まれるので、面白いなぁと思います。

今回のライブはお客様の空気からも
ググッと力をいただいた感があります。
冷凍バナナさんの感想を拝見し、さらに力をいただきました。
ライブを演る者として、まだまだ頑張らねばという気になります。

ソロのライブにお出でいただいたのは、
前回から1年8カ月もたっていたのですねぇ。
アルバムをご購入いただいてからもう5年たっているというのも
ちょっと驚きです。
こうして長らく応援してくださって、本当にありがとうございます。
これからも頑張ります!
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!
Posted by おおじみ at 2008.09.01 23:24 | 編集
>おおじみさん

私が一番好きなのは、高円寺アローンでソロライブをする
おおじみさんなのですが、
ここのところ、おおじみさんのライブに出かけるのは
別の会場ばかりです。

そういえば、ロックは苦手だ苦手だと言いながら、
先日の 几(かぜがまえ)ライブばかりでなく、
違う人のロックライブに足を運ぶ機会も結構あります。

「好き」ということと、「聴きたい」と思うライブが
一致しない場合があるのも音楽の面白さなのかもしれません。

5年前というのは、個人的に気持ちがきつい時期だったのですが、
おおじみさんのアルバムの曲にずいぶん助けられたことを
「ころがっていよう」を聴きながら思い出しました。

次はいつになるかわかりませんが、
また演奏を聴きに行きますね!
Posted by 冷凍バナナ at 2008.09.02 16:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。