--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.08.09

7/19(その4) Fat Boys Blues Bandライブ

◆Fat Boys Blues Bandライブ (4組目)

=====================
 「Fat Boys Presents~Guys復活祭」

  2008年7月19日(土) Start19:00
  北千住Dandelion
  ★前売り/¥1300 当日/¥1500
  出演/SeaMoon/クラカミユウイチ/Guys/
       Fat Boys Blues Band
  司会 :平間リョウ
 =====================


最後に、今回の企画ライブの主催者
Fat Boys Blues Band が登場。
演奏が始まる前の和田さんのMCです。

Fat Boys Blues Band

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「5人でやるのは半年ぶり。
 ずっとタカヂと二人でプチFatばっかり。」
「きょうはブルースをやらない。
 Guysがいるからロックの日。」
「二十歳くらいに作った曲から新旧とりまぜて。
 『さびつかない』というのがテーマだからよろしく!」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

クラカミユウイチさんのMCの中でも
「Guysとロック」 の話があったのですが、
ここでも 「Guysとロック」 が出てきました。
私は 「Guysってロックだったのだろうか???」
と不思議な気分です。

Fat Boys Blues Band が演奏した曲をきいても
ロックなのかブルースなのか、私にはわかりません。

Fat Boys Blues Band

私は、好きでライブ通いをしていますが、
音楽のジャンルについての区別がつかないし、
楽器のことや演奏技術もさっぱりわからない
音楽に関しては完全な素人です。

ただ、詳しいことがわからないからこそ、
演奏している人の 「気持ち」 だとか 「思い」、
そのときの心境みたいなものがストレートに
伝わってくるのかもしれないと思っています。

私は、やかましい音楽が苦手なので
大人数のFat Boys Blues Bandの演奏も
やっぱり苦手な分野の音楽です。

最初にFatの演奏を聞いたころは
どうも入り込めなかったのだけれど、
最近はだんだん演奏を聞けるようになってきました。

Fat Boys Blues Band

「FatはFatだなぁ。」 と思います。
見ていて、とても気持ちのいいバンドです。
今回の1曲目に演奏した 「バンドマン」 というのは
本当にFatらしい曲だと思います。
音楽が好きというのは、こういうことかもしれない
とライブを見ていて思います。

Fatは、本当に真っ直ぐで正直なバンドだと思います。
取りつくろいながら何とか形にするとか、
うまくごまかすみたいなことが絶対にできません。

今回、メンバーがとってもいい表情で演奏していました。
メンバー全員がそろう機会は少ないようですが、
きっといい状態で音楽活動に取り組めているのだろうと
思います。

Fat Boys Blues Band

音楽を長く続けていく間には、いろいろなことが起こります。
順調に楽しく演奏できるときばかりではありません。
メンバーの都合で練習やライブができないときだってあるし、
たとえライブをやれたとしても、どう頑張ったって
気持ちがついていかないことだってあります。

そんなものを乗り越えながら、
きっとFat Boys Blues Band は、
ずっとずっと彼らの音楽を
それはそれはうれしそうに、
暑苦しそうに
演奏し続けていくのだろうなぁと思います。

Fat Boys Blues Band のホームページ  ←クリック!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このライブの写真を
「別館・ばなな便り~ライブ写真の部屋~」 に載せてあります。
    *2008.7.19. Fat Boys Blues Band ライブの写真  ←クリック!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
スポンサーサイト

この記事へのコメント
だいたいさー、このクソ暑い夏にFATと
ライブなんて・・・
いや、わかりきった話はやめよう。

それにしても今回はマジで和田のギターを
心配しちゃったよ。
以前やっぱりダンデでジョイントしたとき
みごとにギター投げてポッキリいったからさー。
実は俺もロックだかブルースだかよくわかんない
んですが。

いやー、それにしても今年は暑いな。
Posted by いち@Guys at 2008.08.11 00:32 | 編集
僕らがブルースかどうかは・・・ですが、Guysはロックですよ。
ロックは色々なスタイルありますから~。
ニール・ヤング、ボブ・ディラン、ザ・バンドみたいなアメリカンなアコースティックサウンドを基本としたロックもあれば英国産ビートロックもあるし、パンクやガレージもあれば、ハードロック、メタルもありますしね~。
Guysは魂の部分が濃厚にロックですね~。
Posted by fatboy at 2008.08.11 20:27 | 編集
>いちさん、fatboyさん

なんだかよくわからないというのはすごく幸せで、
ありのままの姿をそのまま受け止められます。

なんだかよくわからないけどすごいとか、
ものすごく感動したとか。
ぞくぞくするほどかっこよかったとか。
こういうのって好きです。
Posted by 冷凍バナナ at 2008.08.11 23:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。