--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.06.09

夏は来ぬ (卯の花)

「夏は来ぬ」 という歌の、卯(う)の花は、
ウツギ(空木)のことだそうです。

◆ウツギ(空木) 別名:ウノハナ(卯の花)

ウツギ
*2008.6.8.撮影

ウツギ
*2008.6.8.撮影

「夏は来ぬ」 の歌詞を調べてみました。
言葉はちょっと難しいけれど、田舎の初夏の風景が
浮かんでくるような気がします。

    「夏は来ぬ」

佐々木信綱作詞・小山作之助作曲
---------------------------------------

卯(う)の花の、匂う垣根に
時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

さみだれの、そそぐ山田に
早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ

橘(たちばな)の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ

楝(おうち)ちる、川べの宿の
門(かど)遠く、水鶏(くいな)声して
夕月すずしき、夏は来ぬ

五月(さつき)やみ、蛍飛びかい
水鶏(くいな)鳴き、卯の花咲きて
早苗(さなえ)植えわたす、夏は来ぬ
---------------------------------------


ウツギについて調べているとき、
写真を撮ったけれど名前がわからなかった
花の名前がわかりました。

◆サラサウツギ(更紗空木)
  別名:ツカサウツギ(司空木)


サラサウツギ
*2008.6.7.撮影

花びらの外側が薄紅紫色をした
八重咲きのウツギ(空木)なのだそうです。
これも初夏の花です。

サラサウツギ
*2008.6.7.撮影
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。