--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.21

冬の桐の木

冬になって葉を落とした木は、枝ぶりがよくわかります。
木によって枝ぶりが違うので見ていると面白いです。

桐
*2008.1.15.撮影

最近は、遠くからでも桐(キリ)の木がわかるようになりました。

桐
*2008.1.15.撮影

枝先にびっしりついている丸いのは、
実ではなくて、花芽(花のつぼみ)だそうです。

初夏に、ちょっと藤に似た薄紫色の花をたくさん咲かせます。
藤(フジ)は、花が下に垂れ下がりますが、
桐(キリ)の花は上向きに咲きます。

同じ木に、花芽と実が両方ついている木もあります。
次の写真は、去年の1月の撮影です。

桐
*2007.1.31.撮影

大きい方が実です。
種が出てしまったあとの実の殻(から)だそうです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。