--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008.01.18

1/12 AERIALライブ (FM番組 開始記念Live)

◆AERIALライブ (FM番組 開始記念Live)

   *2008年1月12日(土) 午後9時から
   *木場  USA LIVE PUB if にて


今年1年間、AERIAL(エアリアル)が
レインボータウンFMで 毎週土曜日に、
1時間番組のパーソナリティをつとめることになりました。

 番組名: KibaStock Presents 「Peace!」

深川ギャザリアにある木場スタジオでの
第1回目の生放送を終えた後で、
会場を木場のイフ ( USA LIVE PUB if )にうつして
AERIAL のFM番組開始 記念ライブが行なわれました。

AERIAL


木場のイフは、AERIALにとってホームとなる店です。
いつもだと、鎌田栄一さんとカキモトアツシさん二人での
アコースティックバージョンでの演奏が多いのですが、

AERIAL
(左)ボーカル・ギター:鎌田栄一   (右)ドラム・コーラス:カキモトアツシ

今回は、サポートメンバーを加えたフルバンドでの演奏。
AERIALのサウンドプロデュースをしてくれる
杉山卓夫さんもキーボード演奏に加わってくれ
豪華な、そして気迫にあふれたライブとなりました。

    *ボーカル・ギター : Eiichi Kamata 鎌田栄一
    *ドラム・コーラス : Atsushi Kakimoto 垣本あつし
    *エレキギター : Hideo Sugiyama 杉山ひでお
    *ベース : Yasuyoshi Kohinata 小日向恭佳
    *キーボード : Takao Sugiyama 杉山卓夫 


AERIAL


オリジナルを6曲と、アンコールで洋楽のカバー2曲を
たっぷり聞かせてくれました。

 2008.1.12. AERIALライブセットリスト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   1. Hearts
   2. 終わりなき約束
   3. 月島の灯り
   4. Like a Cloud
   5. Peace
   6. 今度いつ逢えるかな
      ~アンコール~
   7.  Little Wing(ジミ・ヘンドリックス)
   8. Before You Accuse Me(エリック・クラプトン)

   (1~6はオリジナル曲/ 作詞.作曲:鎌田栄一)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                   
AERIAL
(左)キーボード:杉山卓夫  (中)ベース:小日向恭佳

AERIAL
(右)エレキギター:杉山ひでお

5曲目の 「Peace」 演奏の前のMCで、
鎌田さんがこんな話をしていました。

 >ラジオ番組のテーマを決めるときに、
 >木場ストックを絶対に入れたい、ということで
 >「KibaStock Presents 」

 >そして、
 >どうしてもこの曲をタイトルにしたいということで
 >「PEACE」  というタイトルにしました。
 >自分では曲を作ったときに思い入れが強い曲で
 >すごく大事にしていきたい曲です。

と言って曲を演奏してくれました。

AERIAL


会場では席が足りなくて立って演奏を聞いている人もいました。
みんなしみじみと曲を味わいながら、AERIALの演奏に
じっと聞き入っていました。

AERIAL


※FM番組・ 第1回目放送の様子と、 このライブの写真を、
 「別館・ばなな便り~ライブ写真の部屋~」に載せてあります。
      → こちらからどうぞ

※AERIAL OFFICIAL WEB SITE は、  → こちらです。


本番前に、サウンドチェックも兼ねたリハーサルで
3曲ほど演奏を聞かせてもらったのですが、

ボーカルの付かない楽器だけのAERIAL演奏を聞くのは
はじめてだったので、ひじょうに新鮮でした。

いつもだと私はボーカルに集中してしまうので
楽器演奏の方まで気が回らないのですが、
こういうふうに演奏しているのかと思いました。

AERIAL


私が AERIAL (2007年にSTORMから改名) の
演奏を聞き始めたのは、かなり早い時期で、
STORMが1周年を迎えるより前のことです。
そのときはまだ、クラプトンのカバー演奏が中心で
オリジナル曲の演奏は していませんでした。

STORM


STORMが、カバー演奏だけを続けていたのなら
私がこれほど夢中になることはなかったと思います。
私がSTORMの活動としっかり向き合うようになったのは
鎌田栄一さんの作るオリジナル曲を聞くようになってからです。

私は、どんなライブに出かけていっても、
どこか冷静に理性的に演奏を聞いてしまうのですが、
AERIAL(STORM)のオリジナル曲だけは、
ぐいぐいと私の気持ちの中に入り込んできて
私の感情を揺さぶります。

彼らの歩みをずっと見つめ続けてきて
都合のつくライブには、できるだけ足を運んでいました。

いろいろな時期を経て、AERIALが
1年間のラジオ番組を持つことになり、
1年の始まりに、このような形でライブを持てたことは
私としても本当に感慨深いものがあります。

これからもAERIALの活動を
ずっと応援し続けたいと思っています。

スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。