--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.12.31

50代突入

12月某日、50回目の誕生日を迎えました。

私が生きてきた50年間、
一度も戦争に巻き込まれることがなく、そして
身近な人が兵役にとられたり、戦地に連れて行かれる
こともなく過ごせたということは、
日本の歴史上も、世界的に見ても
ひじょうに恵まれた時代だったと思います。


生まれてきた命。これから生まれる命のためにも
これからもずっとずっと平和であり続けるよう
心から願っています。


私にとって魅力的な50代のモデルというと
イフ ( USA LIVE PUB if )のマスターとK子さんです。

ifのマスターがきらきらした表情で夢を語り、
夢を実現させ続けている姿を見ていると
年齢にかかわらず、生き方は自分で決めること。
50代というのは、健康面での厳しさは増すけれど、
老成したり守りに入る年齢ではないのかもしれない
なんて思ったりします。


これからも私は
音楽を真剣に続けていきたいと思っている人たちの
気持ちに寄り添いながら、
演奏をしっかり聴いていきたいと思っています。


音楽を通したつながりがどんどん広がっていくのに
出かけられるライブは限られるので、行きたいけれど
行けないライブが増えてしまうというのが私の悩みの種で、
時として申し訳ない気持ちを抱えてしまうこともあります。

でもやはり、どのライブに行くかは自分で決めるしかありません。
出かけられたライブは大事に大事に聴いていくつもりです。


現実問題として、私にとっての50代は、
高齢の親(夫の母、実家の両親)の老いと、本格的に
付き合わなくてはならない年代だと思うのですが、
事情の許す限りライブに出かけたいと思っています。

10年後にもここで、
「いよいよ還暦です!」 なんて言っていられるよう、
これからも、わくわくしたり、おろおろしたり、
じたばたしたりしながら
ライブに通い続けられたらいいなと思っています。


皆さんとの出会いに感謝しています。
すべての皆さんにとって来年が幸せな年になりますように。
よい年をお迎えください!
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。