--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.06.06

この木なんの木?

スイカズラを見つけた斜面の反対側です。
ずっと下の川原から生えている大きな大きな木の
葉の間から緑色の実が見えました。

オニグルミ
*2007.6.3.撮影

こんな実です。

オニグルミ
*2007.6.3.撮影

春先にこの木の花の写真を撮ったけれど、名前がわかりませんでした。
実の形から調べられるかもしれないと思って、
「身近な樹木 ポケット図鑑」 という本を調べてみたら、
「川べり、湿地に生える木」 というところに
実と花の写真が載っていました。

◆オニグルミ(鬼胡桃)

山野の川沿いに見られる落葉高木で
高さ20から25メートルになるのだそうです。

4月22日に撮った、この木の花の写真です。
だらんとたれさがっているのが雄花(おばな)。

オニグルミ
*2007.4.22.撮影

雄花(おばな)の上の赤いのが雌花(めばな)です。

オニグルミ
*2007.4.22.撮影

雌花(めばな)のアップ。
雌花の付け根がふくらんで実になるそうです。

オニグルミ
*2007.4.22.撮影


「身近な樹木 ポケット図鑑」のオニグルミのページには
「オナガシジミ」 と書き込んだシールが貼ってありました。
夫が蝶の食草となる木のページに貼ったシールです。

オナガシジミ蝶の幼虫の食草なのだそうです。
オナガシジミを検索してみたら、
幼虫も成虫もオニグルミが好きなようです。
  →こちらをどうぞ
スポンサーサイト
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。