--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.05.12

水木(ミズキ)

春は、いろいろな花が次々に咲いていき、
うっかりすると花の見ごろを逃してしまいます。
今年はハナミズキの写真を撮りそびれてしまいました。

ということで、ハナミズキ(花水木)ではなくて
最近、山でよく見かける水木(ミズキ)の紹介です。

◆ミズキ(水木)

ミズキ
*2007.5.11.撮影

10メートルから20メートルくらいの大木です。
もう少しすると、ニセアカシアの花で山が白っぽく
見えたりするのですが、ニセアカシアより少し早く咲きます。
階段のような棚のような独特の形で花が咲いているので
遠くから見てもわかります。

ミズキ
*2007.5.12.撮影

樹液が多くて春先に枝を切ると水が滴り落ちるために
水木(ミズキ)という名前になったそうです。

ミズキ
*2007.5.12.撮影

今日の撮影です。
春は遠くの景色がはっきり見えないのが残念です。
妙義山(みょうぎさん)は、新緑で山肌がもこもとしています。
きのうの朝は浅間山(あさまやま)がかなり白かったのですが、
一日でずいぶん雪がとけたようです。

春の田んぼ・5月12日
*2007.5.12.撮影
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。