--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.04.16

純白の花(利久梅)

まわりをじっくり眺めながら自転車で回っていると、
今まで気づかなかった花が見つかることがあります。
背丈よりも高い庭木に真っ白い花がたくさん咲いていました。
名前も初めて知りました。

◆リキュウバイ(利久梅・利休梅)
 別名:バイカシモツケ(梅花下野),マルバヤナギザクラ(丸葉柳桜)
     ウメザキウツギ(梅咲き空木)


リキュウバイ
*2007.4.15.撮影

花の大きさは3センチか4センチくらいで、輝くような白さです。
明治時代末に中国から日本に入ってきたらしいです。

リキュウバイ
*2007.4.15.撮影

なんとも清楚な美しさです。
花びらがフリルのようになっている木もありました。

リキュウバイ
*2007.4.13.撮影

枝いっぱい花が咲いていると見事です。

リキュウバイ
*2007.4.15.撮影
スポンサーサイト

この記事へのコメント
まっしろで、美しいですね♪
パソコンの壁紙にしたらきれいだろうな~~~☆
香りもいいんでしょうね~~~。
Posted by ゴン at 2007.04.16 20:26 | 編集
>ゴンさん
香りは特に感じませんでした。
今年はじめて気づいたのですが、とっても素敵な花です。
真っ白くてまん丸のつぼみも、なかなか可愛いです♪
Posted by 冷凍バナナ at 2007.04.16 22:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。