--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.03.29

3/15山下由ライブ(EARTH ON THE BLUES)

=============================
     EARTH ON THE BLUES
  2007年3月15日(木)    吉祥寺・MANDA-LA2
  開場18:30 / 開演19:00 当日券のみ2300円 (drink別)
  出演:  山下由 ・  シバ  ・ 真黒毛ぼっくす
=============================

■山下 由(やましたゆう)ライブ  (1組目)
山下由(vo,g)  石塚俊明(ds) ロケット・マツ(pf)  金井太郎(g) 
美尾洋乃(vln)  多田葉子(sax)  後藤勇(cb)
◆http://diary.jp.aol.com/59ae5t97vxr/

山下由
*2007.3.15.撮影  吉祥寺・MANDA-LA2 にて
  
「EARTH ON THE BLUES」 は、
山下由(やましたゆう)さんが主催する企画ライブでした。

私は、昨年11月の、「真黒毛ぼっくす」が主催した企画ライブ
「青空レコード企画 酔いどれ東京ダンスミュジック」 のときに
はじめて山下由さんの演奏を聴いたので、今回が2回目となります。

山下由


11月と3月に、山下由さんと真黒毛ぼっくすの演奏を両方聴いたのですが、
演奏の伸びやかさみたいなものでは、山下さんは前回のほうが、
真黒毛ぼっくすは今回の方が伸びやかだった気がします。
もしかしたら見当はずれかもしれませんが、
企画ライブの主催者であるかどうかも多少は影響しているかもしれない
と思いました。

主催者であるということは、ライブ全体への気配り、目配り、
ゲストへの配慮など、どうしたって責任を感じてしまうので、
企画に呼ばれて出演者として演奏する方が、純粋に音楽そのものに
浸れるのかもしれないと思ったのです。

山下由


私は、いろいろな人の企画ライブに顔を出す機会があるのですが、
会場や客席の雰囲気も含めて、空気感、においがそれぞれ違います。
音楽をやっている人が、どんな人と出会い、どんな人とつながりを持っていくかは
その人自身の生き方にかかわることだろうと思うし
そういう意味も含めて企画ライブのカラーが出来上がるのだと思います。

私にとって今回のライブの空間は、たぶん気持ちの根っこに近いと言う意味で
居心地のよさを感じたし、すっぽりと はまり込む感じがありました。
それぞれ音楽に真剣に向かっていることが伝わってくるライブでした。

山下由


今回の山下さんのライブも、真黒毛ぼっくすの大槻さんが言うところの
「山下オールスターズ」での演奏でした。
前回よりさらに楽器編成が厚くなっていました。
大きなステージでバックにメンバーを従えて演奏する山下さんは
実にかっこいいです。

多面的な魅力があるだろう山下由さんの
別の面が見えるかもしれない こじんまりしたライブは、
開始時刻が遅くて演奏を最後まで聴けるかわからないので、
まだ足を運べずにいます。
後ろ髪引かれる気持ちで、思いを残しながら
演奏の途中で会場を立ち去るのが悔しいので出かけられないのです。

EARTH ON THE BLUES・ラストセッション
*ラストセッション

どのライブに出かけて、どのライブに出かけないのかということは
これは私自身が自分で責任を持つしかないなぁと思っています。

つかみどころがなくて、どうもよくわからないという意味でも
山下さんは、とても魅力を感じる人です。
ライブに足を運ぶ機会は少ないかもしれないけれど、
これからもずっと活動を見続けていきたいと思っています。

EARTH ON THE BLUES・ラストセッション
*ラストセッション

昨年11/3のライブのレポートで、山下由さんの紹介をしてあります。
   → こちらからどうぞ


◆「別館・ばなな便り~ライブ写真の部屋~」に
 このライブの写真を28枚載せてあります。
     →こちらからどうぞ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※続いて、3組目に演奏した「真黒毛ぼっくす」のレポートをお読みください。
     →こちらです
※2組目のシバさんのライブレポートは     →こちらです
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。