--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.08.30

8/21 モーモールルギャバン@渋谷CLUB QUATTRO

8月21日(火)に行ったモーモールルギャバンライブの報告です。

=======================
Beat Happening!  VOL.800  SPECIAL!
 ~GREATEST THANKS! 2MAN HAPPENING!~ 

2012年8月21日(火)  渋谷CLUB QUATTRO
出演者  group_inou/モーモールルギャバン
開場 18:00  開演19:00
前売り3,300円・当日3,500円 (+1drink)
=======================

とてつもなく楽しい夜でした。
猛暑続きの8月の夜、青春の炎を思いっきり燃やした気分!
大満足の夜でした♪

キャパ800人の渋谷クラブクアトロでの2マンライブ。
ビートハプニング800回記念ライブです。

2012.8.21.


モーモールルギャバンは2組目に登場。
スタッフが楽器をセッティングしたあとメンバーが登場。
ステージに現れた3人の衣装・・・

ゲイリーは、いつものパン1ネクタイ。
ヒョウ柄のボクサーブリーフに金色(黄色?)のネクタイ。
ちょっと伸びた茶髪を真ん中分けにしていました。

丸刈りのマルガリータは今回メガネをかけていました。
ヒョウ柄のタンクトップに、赤いスパッツ(黒いトラ柄模様?)
という派手な恰好。

ユコさんは髪の毛を頭の上でしばっていました。
黄緑色(水色?)のツアーTシャツにショートパンツ。
そしてヒョウ柄のレギンス。

おぉ、3人ともヒョウ柄のお揃いだ!

会場に重い重い音が鳴り響き、久々に 「スルメ」 から演奏開始。
ド迫力のガンガン攻めてくる演奏に会場が一気にヒートアップ。
「烏龍ハイ」「遺伝子」 と続き会場の盛り上がりは半端ありません。

そのままMCほとんどなしのぶっ続け。
アンコールも含めて14曲。約1時間20分の熱演!
たっぷりと演奏をきくことができました♪

01. Smells Like SURUME!!
02. POP!烏龍ハイ
03. ユキちゃんの遺伝子
04. 琵琶湖とメガネと君
05. 裸族
06. 細胞9
07. Hello!! Mr.Coke-High
08. スシェンコ・トロブリスキー
09. 悲しみは地下鉄で
10. ユキちゃん
11. 野口、久津川で爆死 
12. いつか君に殺されても
13. サイケな恋人
アンコール
14. サノバ・ビッチェ

私が先行抽選で取ったチケット番号は170番台だったのですが
前から3列目あたりまで行くことができ、
3人の演奏姿もよく見えました♪

今回は後ろからのひどい圧縮がなかったので快適。
気持ちよく思いっきりライブを楽しむことができました。

途中でゲイリーが
「平日だけど気にするな。お前ら全員燃え尽きろ!」

「野口」 後半、ステージ最前まで出てきたマルガリータは
ゲイリーのお立ち台もジャック。
もちろんユコさんもキーボードを抱え上げステージ最前で演奏。
「サイケ」の最後でもマルガリータはステージの一番前まで出てきました。

会場の一体感、盛り上がり。
ステージで演奏しているメンバーとつながっていることが
体感できる、うれしくなるようなライブでした。


私がモーモーライブに行ったのは、
6/22 ツアーファイナルのZeppワンマン以来2か月ぶり。

その間、モーモールルギャバンは
ロック・イン・ジャパン・フェスやサマソニなどの大舞台も含め
各地のイベントや夏フェスに出演。
ますますたくましく頼もしくなっていました。

モーモールルギャバンライブを見に行くと いつもいつも
メンバー3人が前に進んでいる姿、挑戦し続けている姿が見られるから
何度でもライブに行きたくなるのだと思います。

これからも、さらにスケールアップして新しい世界を見せてくれるだろうと
楽しみにしています。

スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。