--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.02.20

寒紅梅

◆寒紅梅

ようやく寒紅梅がちらほら咲き始めました。

寒紅梅
*2012.2.20.撮影

この冬の寒さで例年よりかなり遅れています。

寒紅梅
*2012.2.20.撮影


スポンサーサイト
2012.02.18

ロウバイ

◆蝋梅(ロウバイ)

ロウバイ
*2012.2.12.撮影

ロウバイ
*2012.2.12.撮影

ロウバイ
*2012.2.12.撮影


2012.02.17

1/28 BAKUソロ @噺場

1月28日(日)に 千葉県八千代市で行われた
BAKUさんのソロライブに行ってきました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
BAKU SOLO at 噺場 vol.24
  ・噺場(しゃべりば) (千葉県八千代市)
  ・2012年1月28日(土)
  ・午後7時より  charge 500円
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

いつものように1部・2部構成でカバー曲が中心でした。

BAKUソロ
 *2012年1月28日 噺場(しゃべりば)にて


1部
 01. 春夏秋冬     (泉谷しげる)
 02. タペストリー   (オリジナル曲)
 03. はたちの頃    (オフコース)
 04. Without You    (マライアキャリー)
 05. 思いがかさなるその前に… (平井堅)
 06. リバーサイド ホテル (井上陽水)

2部
 07. グッドナイト・ベイビー(ザ・キングトーンズ)
 08. ふるさと     (唱歌)
 09. 涙そうそう    (夏川りみ)
 10. 眠れぬ夜     (オフコース)
 11. 『いちご白書』をもう一度 (バンバン)
 12. Imagine     (ジョン・レノン)
 13. 時代の向こうへ  (オリジナル曲)

●アンコール ・・・ BAKUさんは歌だけ
 14. 木蘭の涙  (スターダスト・レビュー)

 ※ゲスト 越後屋
   9・10・11・12  ピアニカ
   13・14  ピアノ


BAKUソロライブ

2部の途中からピアニカとピアノで参加した越後屋さんの
演奏がとてもよかったです。
出過ぎることなくBAKUさんの歌とギター演奏によりそって
BAKUソロを生かす、歌心を感じる演奏でした。

BAKUさんの演奏は、
ソロライブが久しぶりだったせいもあるのか
なんだかまだ調子が出ていなかった気がしました。

2年3か月ぶりのソロライブだったそうですが、
調べてみたら私は前回のソロライブも出かけていました。
 ※前回(2009年10月17日)のライブレポート ←クリック!

BAKUさんは今年はソロ活動にも力を入れるらしいので
楽しみにしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※BAKUソロライブの写真を13枚 「別館・ばなな便り」に載せてあります。
  2012.1.28.BAKUソロ@噺場の写真  ←クリック! 
2012.02.12

福寿草

高崎市染料植物園の福寿草(フクジュソウ)です。

福寿草
*2012.2.12.撮影


福寿草
*2012.2.12.撮影
2012.02.01

1/25 モーモールルギャバン@渋谷O-EAST

◆モーモールルギャバンライブ 2012.1.25.

私の新年初ライブは 今年もモーモールルギャバン。
やっぱりモーモールルギャバンライブはいい!
心が躍るし元気になれます♪

2012.1.25.

===========================
『TOWER RECORDS PRESENTS "higefunkgyaban"!』
日時 : 2012年1月25日(水) OPEN / START:18:00 / 19:00
会場 : SHIBUYA O-EAST
出演 : 在日ファンク、髭
ゲスト: モーモールルギャバン
チケット料金 : 前売3,800円 (ドリンク代別500円)
===========================

今回の会場である渋谷O-EASTはキャパ1300人なのですが、
ここでモーモールルギャバンライブを見るのは2回目。
モーモーライブで普通に1000人規模の会場に
来られるようになったのが何とも感慨深いです。

先行抽選でとったチケット番号はAの200番台だったのですが
ステージ中央あたりの前から2列目を確保できました。
対バン形式だといつもとは違う客層になり
今回の最前列あたりはほとんどが女の子。
これならひどい圧縮にはならないかもしれないと
ちょっと安心しました。
ステージ上のセットはモーモールルギャバン仕様。
予想していた通り1組目の出演でした。

今回は 在日ファンク と 髭 のライブへのゲスト。
オープニングで会場を温めるというような
位置づけだったのでしょうが、
ライブが始まったら
あっという間に会場の温度が急上昇!
会場中をウワーっと巻きこんで盛り上がりました。

 01. ユキちゃんの遺伝子
 02. POP!烏龍ハイ
 03. 美沙子に捧げるラブソング
 04. 細胞ナイン
 05. Hello!! Mr.Coke-High
 06. ユキちゃん
 07. サイケな恋人

モーモールルギャバンメンバーは、
しばらく前から魂をけずってのレコーディング中。
久々のライブということもあってか、
すごみさえ感じるド迫力の演奏!
3人の演奏が冴えわたっていました。
MCや途中の休息をとらずがんがん突っ走ります。

モーモールルギャバンファン以外の人も
多かったのでしょうが、会場の一体感が感じられ
私も汗びっしょりになって思いっきり楽しめました。

ゲイリーはいつものように上半身裸にネクタイ。
今回はゲイリーもマルガリータも
足首まである派手な柄ものスパッツをはいていました。
ユコさんは黒のショートパンツに柄物のレギンス。
マルガリータとユコさんは白いTシャツでした。

今回のゲイリーは脱いだスパッツとパンツを
ユコさんの方に投げつけず客席に向かって投げたのですが
あのスパッツとパンツはどうなったのでしょうか(笑)

今年3月には新しいアルバムが発売され
全国22か所でのワンマンライブも予定されています。
6月の最終ワンマンはキャパ2700人のZeep TOKYOです!

モーモールルギャバンメンバーの3人は
音楽に真摯(しんし)に向きあい、
貪欲(どんよくに)に真っ直ぐに意欲的にどんどん挑戦し続け
この3人でなければ絶対に作れない世界を見せてくれます。

これからも彼ら3人の生きざまを
しっかり目に焼き付けていこうと思います。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。