--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.26

緑のカーテン

今年初めて緑のカーテンに挑戦してみました。

◆東側には朝顔。

緑のカーテン
*2011.7.26、撮影

2階の窓の手すりにネットをつないであります。

朝顔


◆南側はゴーヤ。

緑のカーテン
*2011.7.26.撮影

ゴーヤは部屋の中から見ても涼しげです。

緑のカーテン(ゴーヤ)



スポンサーサイト
2011.07.23

7/5 モーモールルギャバン@ヨシオカトシカズ企画

 『ヨシオカ トシカズ produces “WE BANG! BE READY”』
▼2011年7月5日(火) @渋谷O-EAST
  出演:kacica(オープニングアクト)/ 嘘つきバービー/ マッカーサーアコンチ/
  (スペシャル・シークレット・ゲスト)雅-MIYAVI-/ モーモールルギャバン
  開場:17:30/開演:18:30
  前売り:3000円/当日:3500円

2011.7.5.


今回はモーモールルギャバンアルバムのプロデューサーである
ヨシオカトシカズさん企画のイベント。
最初はモーモールルギャバン、他出演と告知がされ
あとから他の出演者が発表されました。

今回の会場の渋谷O-EASTはキャパ1300人!

1年半ほど前の2010年2月に、やはりモーモーがトリで出演した
ヨシオカさん企画イベントの会場のキャパは250人だったのだから
この間のモーモーの歩みを思うとちょっと感慨があります。
  (1年半前のライブレポ) ←クリック!

開場時刻は午後5時30分。
今回はイープラスの先行抽選で30番代がとれたので
早く入場できました。
受付を過ぎ、目玉のお化けみたいな不思議な飾りをくぐりぬけ、

2011.7.5.

ロビー奥の物販コーナーにいた丸山さん(T-マルガリータ)の
髪の毛がずいぶん伸びたなと横目で眺めながら
急ぎ足でフロアに向かい最前列を確保♪

前の方には顔なじみのモーモーライブ常連さんが大勢いました。
常連さんが出かけたベベッチツアー地方公演の話を
聞かせてもらったり、お願いして物販で限定発売している
モーモールルギャバンのトートバッグを買ってきてもらったり
しながら、ライブ開始を待ちました。

平日の6時半開演で5組出演ということだったので、
モーモールルギャバンライブを最後まで見られるか
ちょっと心配でした。

オープニングアクトのKacicaライブは、
6時前から始って開演時刻前には終了。
その後もテンポよく進行して
2組目「嘘つきバービー」
3組目「マッカーサーアコンチ」
次がスペシャル・シークレット・ゲスト。
やけに入念にセッティングが行われていたので
誰だろうと思っていたら、
ゲストは 「雅-MIYAVI-」 という人でした。

「嘘つきバービー」 と 「雅-MIYAVI-」 の演奏が
特に印象に残りました。 

トリのモーモールルギャバンのセッティングも
スタッフが5人くらい出てきて準備。
以前はメンバーが自分たちで楽器を移動しながら
セッティングとサウンドチェックをしていたのだから
やはりちょっと感慨があります。

:::::::::::::::::::::::::::::

モーモールルギャバンライブは9時ごろ開始。

最初にゲイリーが一人で登場。
最近恒例となっている 「君のスカートをめくりたい」 
をアカペラで会場もいっしょに歌います。

ゲイリーは黒い帽子をかぶり唇を黒く染め、
斧のついた杖を持っていたのですが、
ふりまわしているうちに先の斧が取れてしまいました。

続いてT-マルガリータとユコ・カティも仮装で登場。
マルガリータは今回も(笑)白塗り。
ベースのストラップをかけるときに、
スーパーサイヤ人みたいにたてた髪型を崩さないよう
思いっきり上に持ち上げていたのがおかしかったです。

三人の扮装はこんな感じ。
(ツイッターのモーモールルギャバンbotで紹介されていた
写真を無断拝借しました)

2011.7.5.

ゲイリーとユコの帽子はすぐとれた(とった?)し
ユコの仮面は途中ではずしてしまったので
最後まで扮装が残っていたのはマルガリータだけでした。

今回はモーモールルギャバンだけ長時間の演奏。
アンコールも含めたっぷり15曲、
1時間20分ほどの演奏でした。

「スメルズライクスルメ」から三人での演奏開始。
会場に流れる音があまりよくなくて、ちょっと
違和感があったのが残念です。

今回はめずらしく、ライブ開始とともに起こる
前列への圧縮がなかったので
比較的ゆったりと演奏を聞けました。

いつものように大熱演。
ゲイリーの熱演で、演奏中に倒れたドラムや椅子を
ステージ横に控えているスタッフがたびたび直しにきます。
途中でほとんど休息をとらないぶっ続けの演奏。
毎度のことながら三人のすごいエネルギーと体力に感心します。

途中でゲイリーが
「シークレットゲストの雅-MIYAVI-さんがすごすぎて
ちょっと緊張してるんだー、こっちは!」と叫んでいました。


 00. 君のスカートをめくりたい(ゲイリーアカペラ)
 01. Smells like SURUME!!
 02. 821
 03. ユキちゃんの遺伝子
 04. 美沙子に捧げるラブソング
 05. POP!烏龍ハイ
 06. ワタシハワタシ
 07. UWABURN
 08. BeVeci Calopueno
 09. Kitchen
 10. 裸族
 11. ある眠れぬ夜に熱帯魚とビールを (新曲)
 12. Hello!! Mr.Coke-High
 13. ユキちゃん
 14. サイケな恋人
 (アンコール)
 15. パンティー泥棒の唄


「821」(ハニー)が聞けてうれしかったです。

今回の 「UWABURN」(ウワバーン)は
噂で聞いたことのある 「コッペパンの歌」 (笑)から。
ゲイリー「今日、一人で来たやつ手を上げろ。」
もちろん私も手を上げます。
ゲイリー「お前ら、友達いないのか?」
 (大歓声!)
「もしくはモーモールルギャバン好きって友達に隠してるのか? 
 どっちでもいいぞ。」
「お前ら、一人で来たやつも一人じゃねぇ!一人じゃねぇぞ!」
ユコさんのジャーンという銅鑼の音から迫力ある
演奏が始まりました。

アルバムタイトル曲 「BeVeci Calopueno」(ベベッチ・カロプーノ)
を聞くのは5回目。
初めて聞いた頃はなんだか恥ずかしそうに見えていたマルガリータが
実に堂々としてかっこよかった!

そして毎度思うのは、3人のメンバーの中で一番男前の演奏をするのは
紅一点のユコさん。
迫力満点、しかもとっても楽しそうに演奏するのです。

お祭りの笛みたいなピーヒャラという音色は
ユコさんが特大のメロディオンみたいな楽器を
持ち上げて吹きながら演奏していました。

全国15か所をまわったベベッチワンマンツアーには
私は2か所(恵比寿・高崎)しか行っていないので
ライブで聞けていないアルバム曲がまだまだあります。

今回初めて 「Kitchen」(キッチン) が聞けて
うれしかったです。
はじまる前に音をとり、ユコとマルガリータ二人の
伴奏なしのコーラスから始まっていました。

今回のライブで初めて演奏した新曲
「ある眠れぬ夜に熱帯魚とビールを」
これはNHKのBSデジタルキャンペーンの
ためにモーモールルギャバンが書き下ろした曲。
とてもかっこいい曲です♪

NHKサイトにある 「パラボ刑事ムービー集」 の
BGMでこの曲が流れています。
左側の3つのムービーにゲイリーがパラボ刑事(デカ)として出演!
かぶりものをしているので顔が見えませんが (笑)。
 ・「パラボ刑事ムービー集」 ←クリック!

2011.7.5.

最近のモーモールルギャバンライブでは
私が着ているTシャツも首に巻いたタオルも
汗びっしょりになってしまうのですが、
なぜか今回はあまり汗をかきませんでした。

メンバー3人が全力でライブに向かっている姿勢は
毎回変わりないのですが、どこが違うのかは
よくわかりません。

開場時間から5時間。ずっと立ちっぱなし。
でも好きなことなら苦になりません。
体力つけてこれからもがんばります!

いろいろなライブを会場の雰囲気まるごと味わえるのは
ライブに足を運んでこそ。
他の常連さんたちみたいに全国の追っかけはできませんが、
東京近辺と群馬のライブにはなるべく出かけていきたいです。

今回は最後まで見たかったので、最終新幹線に間に合わず
各駅停車で帰ったのでいつもより1時間遅い
1時40分ごろ家に着きました。

::::::::::::::::::::::::::::::::

7月21日(木)にもモーモールルギャバンライブに行きました。
本当に楽しいライブでした♪
7月中に報告が書けると思います
2011.07.14

池の平湿原(2)

7月11日に行った湯の丸高原・池の平湿原。

いたるところにアヤメが咲いていました。

アヤメ
*2011.7.11.撮影

池の平湿原
*2011.7.11.撮影

アヤメの間に見える白い花は カラマツソウ。
花の形がカラマツの葉に似ているので 
カラマツソウという名前になったそうです。

カラマツソウ
*2011.7.11.撮影

本物のカラマツが下の写真。
たしかによく似ています。

カラマツ
*2011.7.11.撮影

2011.07.13

池の平湿原(1) コマクサ

おととい(7/11) 
長野県湯の丸高原、池の平湿原に行ってきました。

ちょうどコマクサ(駒草)が花盛りでした。

コマクサ
*2011.7.11.撮影

花の形が馬 (駒) の顔に似ているので駒草(コマクサ)と
いう名前がついたそうです。

コマクサ
*2011.7.11.撮影

コマクサ
*2011.7.11.撮影

2011.07.03

夏椿

◆ナツツバキ(夏椿)
  別名:シャラノキ(娑羅の木・娑羅樹)


ナツツバキ
*2011.7.3.撮影

これも梅雨時の花です。
蒸し暑い毎日をふと忘れさせてくれるような
清涼感のある花。

朝花が開いて、夕方には落ちてしまう一日花です。

ナツツバキ
*2011.7.3.撮影


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。