--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.30

11/3 モーモールルギャバン(shimokita round up3 )

11月3日(祝・水)にモーモールルギャバンのライブに
行ってきました!
とにかく楽しかった、文句なく楽しかったライブでした。

shimokita round up3

今回出かけたのは下北ラウンドアップ3というイベントで
下北沢にある8つのライブハウスを使って54組が出演。
昨年に引き続き2回目の出演となったモーモールルギャバンは
一番大きいキャパ600人会場のトップバッターで出演しました。

=============================
イベント名   shimokita round up3

開催日  2010年11月3日(水・祝)
会 場  CLUB Que/SHELTER/GARAGE/CLUB251/440/ERA/ReG/GARDEN
開 場  12時30分
開 演  13時
前 売  3,500円 当 日 4,000円__※別途ドリンク代 500円
 (全会場同時開催・出入り自由)
=============================

私は11時10分に下北沢駅に到着してすぐ
チケット交換が行われる本部に向かい、
数十人並んでいた列の後ろについて
11時30分からのチケット交換を待ちました。

チケットを引き換えたあと大急ぎでライブ会場に向かったら
なんと1番乗り!

2010.11.3.

最初に建物の前の広場で並んだあと、スタッフに導かれ
地下1階にあるライブハウスのドアの前から並んでいたら
12時にゲイリーが店のドアを開けて顔をだし
階段に並ぶ列を見上げていました。

どんどん人数が増えてきたらしく、並んだ列のまま
階段をさらに下っていき、だだっ広い地下駐輪場に移動。
開場時間までに200人くらいが並んでいた気がします。

時間通りの12時半に会場に入り、
最前列右寄りのユコさん側の位置を確保しました。

ステージがかなり広いので
中央のマルガリータのマイクがいつもよりずっと前にあり、
3人の位置がほぼ横一直線になっていました。

ライブが始まるころには、かなりたくさんのお客さんが
集まりました。

最近のモーモーライブはチケット争奪戦が激しくなり、
客席は身動き取れないほどぎゅうぎゅう詰めで
前列では押しつぶされそうな勢いなのですが、
今回の客席はほどよい混み具合。
体を動かす余裕がありました♪

前のほうに顔なじみの常連さんたちの姿も大勢見かけ、
なんだか昨年あたりのモーモーライブを思い出して
うれしくなります。

予定通り午後1時から演奏開始。
アンコールなし40分間の演奏でした。

01. 細胞9
02. POP!烏龍ハイ
03. ユキちゃん
04. ユキちゃんの遺伝子
05. 裸族
06. 野口、久津川で爆死
07. サイケな恋人

ライブが始まる前、ドラムセットの上の
とんでもなく高いところにマイクがセットして
あるのに気づきました。

あれ?と思ったら、ステージに出てきたゲイリーに
いつものヘッドセットマイクがついていません。
全国ツアーの途中でゲイリーのマイクが壊れた
という話は聞いていたので、新しいマイクが
間に合わなかったのだなぁと思いました。

いつもだとゲイリーは縦横無尽に動きながら
歌ったりしゃべったりするのですが、
今回は固定マイク2本だけなので、
いつもより動きが少なかった気がします。

(1本はドラムをたたきながら歌うマイクで、
 もう1本はドラムの上に立ち上がったとき
 しゃべるマイクです。)


いつもかわいくて、とてもかっこいい演奏を
聞かせてくれるキーボード・銅鑼担当のユコさん。

いつも元気なユコさんがいつも以上に
はじけまくっていたのが印象的。
最初の曲からぴょんぴょん飛び跳ねながら
本当に楽しそうにキーボードを弾いていました。


「30歳になりたてです!」と紹介されていた
ベース・コーラス担当のT-マルガリータ。

もしかしたら
改名した時の髪型が丸刈り(坊主頭)だったので
マルガリータになったのかなぁと思っていたのですが、
(改名前のステージネームは「まるりん」です)
途中でおしゃれカットになり、ちょっと髪が伸びたときには
かわいらしい雰囲気になった時期もありました。

今回のマルガリータは髭面(ひげづら)で髪もさらに伸び、
男っぽい精悍(せいかん)な雰囲気。
頭にはスーパーフライがつけているみたいなヘアバンドが
キラキラ輝いていました。

「野口」の後半、キーボードを持ち上げて弾きながら
広いステージのゲイリーの方まで行ってしまったユコさんが
銅鑼のタイミングに戻ってこられませんでした。

ユコさんの代わりにマルガリータが銅鑼をガンガン打ちならし、
そのままステージの一番前まで出て行って客席の方を向き、
ベースを高く持ち上げて歩いていくマルガリータ。

以前は、後ろに控えて縁の下の力持ち的にバンドを
支えている印象だったマルガリータの存在感が
最近ではどんどん大きくなりどんどん輝いてきた気がします。

絶対に取り換えのきかない存在として
3人のメンバーそれぞれが生き生きと活躍しているのが
モーモールルギャバンライブの大きな魅力。
しかも3人とも演奏力が抜群です!


「サイケ」の後半、ドラムの上に立ち上がり
Tシャツを脱ぎ捨て、黒いスパッツも脱ぎ捨てたゲイリー。

あれ? 今回はパンツも黒なのかなぁと思っていたら
後ろを向いたお尻の部分に鮮やかなピンクの文字!
噂に聞いていたパンツを初めて見ました。
(地方ライブでファンからもらったみたいです。)

最近は、「これがJポップの限界でーす!!!」というのは
やらなくなってきました。(笑)
モーモーライブを長く見ていると、そのときそのときの
ライブの進め方の流行り(はやり)がわかるので面白いです。

ライブが終わったあと、モーモー初見のお客さんらしい
「楽しかったねぇ」 という初々しい感想を聞きながら、
大慌てで会場を後にして、とんぼ返りで家に戻りました。

今回の下北ラウンドアップ3では、モーモールルギャバン
1組しか聞けなかったのですが、大満足の一日でした。

スポンサーサイト
2010.11.30

紅葉

久しぶりに風景の写真を撮りました。
車で5分くらいのところにある公園。
毎年 色鮮やかな紅葉が見られます。

紅葉
*2010.11.30.撮影

紅葉
*2010.11.30.撮影
2010.11.18

11/13 if Band ・ AERIALライブ

11月13日(土)に木場のイフ(USA LIVE PUB if) で
if Band とAERIAL(エアリアル)のライブを聞いてきました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

店に行く前に、木場駅近くの深川ギャザリアに行き
毎週土曜日の午後6時から7時まで生放送されている
【AERIAL(エアリアル)のPEACE!】
というFMラジオ番組の応援をしてきました。

夜景

レインボータウンFM

夏ならまだ明るい時間帯なのですが、
6時にはもう暗くてイルミネーションがきれいでした。

放送が終わって店に向かいドアを開けたら、
if Bandの真剣なリハーサル中。

イフ

if Band

リハーサルのあと厨房にもどったマスターに
食事を作ってもらい、おなじみの顔ぶれと
話をしながら8時の開演をまちました。
マスターは食事作りやライブの音の調整、
そして今回はif Bandのドラマーとしても
出演するので大忙しです。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◆if Bandライブ

午後8時からif Bandの第1部。
なぜかド演歌から始まり、懐かしい昭和の曲なども
まじえ、第1部は邦楽を中心に9曲演奏。
なごやかに演奏が進んでいきました。

 01. なみだの操 (殿さまキングス)
 02. 北国の青い空(ベンチャーズ)
 03. 二人の銀座(ベンチャーズ)
 04. 東京 (マイ・ペース)
 05. 小さなスナック(パープル・シャドウズ)
 06. メリー・ジェーン (つのだ☆ひろ)
 07. ケンとメリー ~愛と風のように~ (BUZZ)
 08.  Who'll Stop The Rain (CCR)
 09.  WON'T BE LONG (バブルガム・ブラザーズBro.KORN)

if Band

間にAERIALのライブをはさんで
9時45分からif Band 第2部。

2部は洋楽が中心で、途中に1曲オリジナル曲。
サックスを演奏するメンバーが作ったインスト曲
がとても素敵でした。

 01. Take It Easy(イーグルス)
 02.       (イーグルス)
 03. Hold on (サンタナ)
 04. オリジナル曲
 05. While My Guitar Gently Weeps (ビートルズ)
 06. Black Magic Woman (サンタナ)

まだまだ演奏が続いていたのですが、
電車の時間になってしまったので、私は
最後まで演奏を聞くことができませんでした。

※if Bandライブの写真を16枚
 「別館・ばなな便り」に載せてあります。
2010.11.13. if Bandライブの写真 ←クリック!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

◆AERIALライブ

午後9時から AERIAL(エアリアル)の演奏。
今回はAちゃんとカッキーの二人。

だいぶ前、初期の頃にAちゃんが勉強しながら
作ったという音源に合わせて、二人が演奏。
「合わせるのがちょっと難しいな」と言いながら
音源に合わせてカバー1曲、オリジナルを3曲
演奏してくれました。

AERIAL

アンコールではうちこみ音源を使わず、
二人で 「ぬくもり」 を演奏してくれました。
この曲は、11/7の船堀映画祭で上映された
「商店街☆行進曲」のテーマ曲としても使われました。

 01. 生まれ来る子供たちのために (小田和正)
 02. Like a Cloud
 03. 僕の場所
 04. OVER THE FREEDOM 
  (アンコール)
 05. ぬくもり

やっぱり最後に聞いた二人での演奏が一番よかったです。
二人の息を合わせた演奏、ギターとドラム、
歌とコーラスにしみじみ引き込まれます。
たった二人の演奏で完全に世界を成立させることが
できるのがすごいです。

AERIAL

二人のときはAちゃんのギターがよく聞こえてきます。
Aちゃんの奏でるアコースティックギターはどうして
こんなにいい音色なのだろうといつも思います。
ただ技術的にギター演奏がうまいというだけでなく
歌にこめられた感情がギターの音色からも伝わって
くるのです。

※今回のAERIALライブの写真を「別館・ばなな便り」に載せてあります。
・2010.11.13. AERIALライブの写真 ←クリック!

来年2月4日(金)にティアラこうとう小ホールで
おこなわれる 次のAERIALのコンサートは
Aちゃん(鎌田栄一さん)と カッキー(垣本篤志さん)
二人のアコースティックライブになるそうです。
これまでに3回おこなわれたバンド編成でのコンサートとは、
また違う魅力を見せてくれると思います。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

10/30(金)に出かけたAERIALコンサートと
11/7(日)に見た「商店街☆行進曲」の記事もあります。

※10月30日 AERIALコンサート(路しるべ)の報告  ←クリック!

※11月7日 商店街☆行進曲(第2回船堀映画祭)の報告  ←クリック!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
2010.11.13

10/30 AERIALコンサート【路しるべ】

10月30日(土)に出かけた
AERIAL(エアリアル)コンサートの報告です。

==================================
    2010 AUTUMN
AERIAL  FOUR SEASON CONCERT
  路しるべ  AUTUMN


     ・2010年10月30日(土)
     ・ティアラこうとう(小ホール)
     ・開場 18:00  開演19:00
     ・全席自由 2800円
==================================

AERIAL

今回はAERIAL(エアリアル)FOUR SEASON CONCERT の
 秋 『路しるべ』

ちょうどコンサートの時間にあたる、30日の夜に
強い台風14号が関東沿岸に最接近するという
予報だったので、無事コンサート会場に行けるか、
終わった後で家に帰れるのか心配でした。

とにかく台風の強い影響が出る前に東京に
行ってしまおうと思って、交通機関の乱れを
心配しながら早めに東京に向かい、
開場時間の1時間以上前にホールに到着。
ロビーにいたイフ(USA LIVE PUB if)のマスターと
話をしながら開場時間を待っていました。

AERIAL
*鎌田栄一(ギター・ヴォーカル)/ 垣本篤志(ドラム・コーラス)

コンサートが始まる前、スタッフから
今回は観客参加型のコンサートなので
入場のときに配った袋に入っている
サイリュームの灯りを客席で振ったり、
ラムネ菓子を振ってシャカシャカ音を立てたり
いっしょに楽んでほしいという話がありました。

ステージにメンバーが登場して、
鎌田栄一さんの弾くアコースティックギターの
やさしくて暖かい調べが流れ始めました。
鎌田さんが最初に歌ったのは「アベマリア」。
ちょっと憂(うれ)いをおびた鎌田さんの歌声が
胸にしみこんできます。
途中から杉山卓夫さんの広がりのあるキーボードの
音色が重なっていきました。

AERIAL

2曲目からは迫力あるバンド演奏で
AERIALのオリジナル曲をたっぷりと演奏。
新曲も2曲披露されました。

途中に1曲だけはさんだカバー曲は
エリック・クラプトンのレイラ。
AERIALにはクラプトンがよく似合います。
メンバーそれぞれの楽器演奏も鎌田さんの歌も
楽しむことができました。

AERIAL

  01. アベマリア
  02. PEACE
  03. Like a Cloud
  04. あの頃のように
  05. 終わりなき約束
  06. Little Pride
  07. HEARTS
  08. タイトル不明 (新曲)
  09. ぬくもり
  10. 僕の場所
  11. 月島の灯り
  12. Layla (Eric Clapton)
  13. 歩幅
  14. BE FREE
  15. 今度いつ逢えるかな
   (アンコール)
  16. 路しるべ? (新曲)
  17. 冬に咲くひまわり(?)

AERIAL

AERIALのホールコンサートは今回が3回目。
これまでの2回のコンサートでは、
会場にいる私までドキドキと緊張してしまったり、
感傷的になってしまったりしたのですが、
今回は落ち着いて演奏を味わうことができました。
現在のバンドメンバーでのコンサートも3回目。
バンド演奏の一体感も増してきた気がします。

演奏の合間に鎌田さんが、垣本さんとの出会いや
自分たちの活動の路しるべにしている店についての
話などもしてくれました。
今回は秋らしい落ち着いた曲が多く
じっくりと演奏を聞くことができました。

コンサートが終わって帰るときには
雨も風もやんでいたのでほっとしました。

AERIAL

FOUR SEASON CONCERT
次の春のコンサートは、ちょうど立春の日
 2011年2月4日(金)に
今回と同じティアラこうとう小ホールで
鎌田栄一さん、垣本篤志さん二人での
アコースティックコンサートをおこなうそうです。

会場で売っていたチケットを購入してきました。
来年のコンサートが楽しみです!

チケット


※AERIAL(エアリアル)オフィシャルサイト  ←クリック!

=============================
このコンサートの写真を50枚、二つに分けて
「別館・ばなな便り」 に載せてあります。

*2010.10.30.AERIALコンサート【路しるべ】の写真(その1) ←クリック!
*2010.10.30.AERIALコンサート【路しるべ】の写真(その2) ←クリック!

=============================

2010.11.08

11/7 商店街☆行進曲 (第2回船堀映画祭)

11月7日(日)に江戸川区のタワーホール船堀で行われた
第2回船堀映画祭に行って
「商店街☆行進曲」 という映画を見てきました。

第2回船堀映画祭


映画上映に先立って、サンケイスポーツの記事で
「商店街☆行進曲」がこんなふうに紹介されていました。
::::::::::::::::::::::::::::::::

ガッツ石松“掘り出し物”超B級映画に出演

タレント、ガッツ石松(61)が、不況の波にさらされる商店街を舞台に、
人の絆を描く映画「商店街☆行進曲」(相羽誠聡監督)に出演。
7日午後2時20分から、東京・江戸川区のタワーホール船堀で上映される。
男性デュオ「エアリアル」の主題歌「ぬくもり」がラストを盛り上げ、
泣ける映画と評判。
超B級映画の掘り出し物と言えそう。

::::::::::::::::::::::::::::::::



当日は会場である小ホール(定員300人)に
立ち見が出るほど大勢のお客さんが集まりました。

「商店街☆行進曲」
映画の上映の前に行われた舞台挨拶では
初めて映画に出演したという幅広い年代の出演者や、
実績のあるベテラン俳優さんやタレントさん、
企画・監督・脚本・音楽など映画制作にかかわった人、
ほんとうにたくさんの人がステージに立って
あいさつをしてくれました。

パンフレット


あたたかい雰囲気の舞台あいさつを見ていたら、
たくさんの人の気持ちが集まった映画であることが
伝わってきました。

途中からは芸能レポーターの石川敏男さんも舞台にあがり
映画にかけるいろいろな思いを引き出してくれました。

企画・原案・制作総指揮の上野淳さんは、
人と人との絆(きずな)や
お互いに助け合っていくことを
この映画で描きたかったのだそうです。

自主制作映画ということで制作費が抑えられているなか
上野淳さんの情熱にこたえて、たくさんの人の協力が
得られたのだそうです。

映画のなかでは、友情、恋愛、家族、地域など
今自分が暮らしている周囲とのつながりのほか、
世代を重ねてつながっている縦のつながりも
描かれています。
関東大震災で被災したときに助け合っていた場面が
とても印象的でした。


パンフレット


エンディングロールで
映画の様々な場面が映し出される中、
バックで歌われていたのが
AERIAL(エアリアル)の 「ぬくもり」 という曲。
鎌田栄一さんのひじょうに魅力的な歌声とともに
歌詞がしみじみと伝わってきました。

映画の途中でAERIALの「HEARTS」(ハーツ)の
歌も流れました。
両方とも映画の主題とぴったりの曲です。

この映画ではAERIAL(エアリアル)の鎌田栄一さんが
音楽を担当していて
映画の場面に合わせて作曲したさまざまな曲のほか、
インスト(オルゴール)でAERIALのオリジナル曲も
流れていました。

笑える場面とともに、ほろっとくる
とても後味のいい映画でした。

今回は行きも帰りも新幹線を使った
あわただしいトンボ返りだったのですが、
見に行ってよかったと思いました。

==========================

※船堀映画祭のホームページ  ←クリック!
※「商店街☆行進曲」についての記事(その1)  ←クリック!
※「商店街☆行進曲」についての記事(その2)  ←クリック!

※AERIAL(エアリアル)オフィシャルサイト  ←クリック!

==========================



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。