FC2ブログ
2009.11.21

11/13モーモールルギャバンライブ & 「野口、久津川で爆死」

◆モーモールルギャバンライブ(2009.11.13.)

========================
"shimokita round up前夜祭 「LIVELY UP」"
  ・下北沢 CLUB QUE
  ・2009年11月13日(金) 
    OPEN/18:30 START/19:00
    ADV/¥2000 DOOR/¥2300
  ・出演  kacica / モーモールルギャバン / 8otto
========================

モーモールルギャバン

「モーモールルギャバンです。
オバマ渋滞で大遅刻しました。
ぜめて今夜は君のスカートをめくりたーい!!」
と叫んで始まったライブ。

 1. 君のスカートをめくりたい
 2. 細胞9
 3. POP! 烏龍ハイ
 4. ユキちゃん
 5. サイケな恋人

今回も熱いライブを繰り広げてくれました。
最近のモーモールルギャバンを見ていると
もう勢いが止まらないという感じ。

このところの反響はすさまじく、
メディアでの紹介や口コミの評判などで
モーモーの音楽にふれる人が増えていき
これまでの、知る人ぞ知るという状態から
一気に日のあたる場所に躍り出てきた印象があります。

モーモールルギャバン

モーモールルギャバンの強みは
幅広い人から支持をもらえること。
音楽ギョーカイの人やミュージシャン。
音楽好きな若者はもちろん、中高生から
一部の(笑)おじさん・おばさんまで。

音楽に詳しくない普通の人の気持ちも
虜(とりこ)にするような魅力があります。

反響が反響を呼ぶというような形で
これからすごいことになっていくのではないかと
期待も込めて思っています。

::::::::::::::::::::::::::::::::

ライブに先立って、
11月11日にモーモールルギャバンのアルバム
「野口、久津川で爆死」 が全国発売されました。

発売前にアマゾンで聞いたアルバムの試聴は、
ライブでの彼らの演奏とは、音の色が違っていたので
ちょっと違和感がありました。

野口、久津川で爆死
※ 「野口、久津川で爆死」  MOWMOW LULU GYABAN 


実際にアルバムの演奏を聞いてみたら
その違和感をすべてふきとばし、
1曲目で完全にやられて、その後の曲も
ぐいぐい引き込まれていきました。
彼らのいろいろな魅力がたっぷりとつまった
聞けば聞くほどクセになる
本当にいいアルバムになったと思います。

現在の彼らの音楽は、間違いなく
彼らが積み重ね、作り上げてきた成果だと思います。

アルバム1曲目の「琵琶湖とメガネと君」は
昨年聞いたあの曲が、こんなに素敵な曲になった
と感激して涙が出ました。
彼らの音楽にかける気持ちの強さと、
音楽的な才能の深さに感服です。

モーモールルギャバン

モーモーが現在の3人編成になる直前の2007年12月、
私は、京都から初めて東京遠征に来た
モーモールルギャバンのライブに偶然出会いました。
それ以降、遠くからではあるけれど、
ずっと彼らの活動を追い続け、
昨年は2回、今年はこれまでに6回
モーモールルギャバンのライブに行きました。

もっぱらインターネットをとおして
彼ら自身が発信してきたことや
彼らの音楽活動に対する反響など
モーモールルギャバンの活動のようすが
ありありと伝わってきます。
しかも時間もさかのぼった過去の情報まで
手に入るというのはすごいことです。

私の心をとらえて離さなかったのは、
彼らが聞かせてくれる演奏の魅力とともに、
もっぱら矢島さんの日記から伝わってきた
彼らの音楽に向かう姿勢や人間的な魅力なのかも
しれないと思っています。

変態ポップスなんて言われる、愛すべきお馬鹿バンド。

本当は知性あふれて誠実で音楽的中身が深くて
愚直なまでに真っ直ぐ音楽に向かっている
そんな3人のメンバーがいとしくてたまらないのです。

モーモールルギャバンは圧倒的なライブバンドなので
ぜひともライブ会場で、彼らと同じ空気の中で
モーモールルギャバンライブを体感してほしいと思います。

モーモールルギャバン

今年5月のマキタ学級大文化祭2009春で
モーモールルギャバンの演奏を聞いていた私は、
彼らがどんどん大きくなっていく過程の
歴史的な場面に遭遇しているのではないかと
背中がゾクゾクするような、体がふるえるような
高揚感に襲われました。

今年9月、フジテレビのファクトリーライブ会場で
モーモールルギャバンの演奏を見終わったときの私は、
もしかしたら、これからのモーモールルギャバンは
なかなか手が届かないくらい遥かに大きくなってしまう
かもしれないという寂しささえ感じたのです。
なんだか予感が現実になりつつある気がしています。

「別館・ばなな便り」に
11月13日のライブの写真を20枚載せてあります。
*2009.11.13.モーモールルギャバンライブの写真  ←クリック!

:::::::::::::::::::::::::::::

このブログの 「ライブレポート」 カテゴリーの中から
モーモールルギャバンを独立させました。
過去のモーモーライブのレポートなどを載せてあります。
2009.11.19

少林山の紅葉

きのう高崎にある少林山達磨寺(しょうりんざんだるまじ)に
行ってきました。

少林山達磨寺
2009.11.18.撮影

ちょうど菊花展が開かれていて、
紅葉との取り合わせがきれいでした。

少林山達磨寺
*2009.11.18.撮影

最初のうちは曇っていましたが、
次第に晴れてきました。

少林山達磨寺
*2009.11.18.撮影

イチョウの落ち葉が日差しを浴びて
きらきら輝いていました。

少林山の紅葉
*2009.11.18.撮影
2009.11.16

とりあえず写真から (11/13モーモールルギャバンライブ)

前回の記事を書いてから1週間もたってしまいました。

11/10(火)の夕方に高崎のタワーレコードに行って
予約してあったモーモールルギャバンのアルバム
「野口、久津川で爆死」 を買ってきて
それ以来ずっと聞き続けていました。

11月13日(金)には、下北沢にモーモーのライブを
見に行きました。

アルバムのこと、11/13ライブのことなどなど
いろいろな思いがあふれるほどあって
なかなか文章としてまとまらないので
とりあえず、ライブで撮影した写真の報告から。

◆モーモールルギャバンライブ
========================
"shimokita round up前夜祭 「LIVELY UP」"
  ・下北沢 CLUB QUE
  ・2009年11月13日(金) 
    OPEN/18:30 START/19:00
    ADV/¥2000 DOOR/¥2300
  ・出演  kacica / モーモールルギャバン / 8otto
========================

モーモールルギャバン

会場の照明が他のライブハウスに比べて暗かったので
ISO感度を1600まで上げて撮影したら
動きが止まってしまいました。
もう少し感度を下げたほうが動きを感じる写真になって
ライブの雰囲気が伝わったと思います。

モーモールルギャバン

モーモールルギャバン

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
「別館・ばなな便り」に
このライブの写真を20枚載せてあります。
*2009.11.13.モーモールルギャバンライブの写真  ←クリック!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

カメラを持たずにライブに臨んだ方が
思いっきり楽しめるのですが、
いい表情が写っていると本当にうれしくなります。

アルバムやライブの感想は土曜日までにまとめるつもりです。
2009.11.10

7/5 Guysライブ

4ヶ月も前に見たライブの報告がようやくできあがりました。

◆Guysライブ
====================
・2009年7月5日(日) 18時30分開演
・HOTコロッケ (江戸川区瑞江)
・出演者 SeaMoon、Guys、fat boys blues band  
====================


Guys

ボーカル・リズムギターの丸山さん(写真:左)と
リードギター・コーラスのイチカワさん(写真:右)の二人組みです。

とにかく好き、なにしろ好きなユニット。
渋いまるさんの歌声と、いちさんの力強いギター。
男っぽさとやさしさの同居するユニットで
最近は、半年に一度というゆったりとしたペースで
ライブを行なっています。

演奏前に丸山さんが話した
「大人なGuysを演出すべく座ってやる。」
「曲をいっぱいやろうというコンセプトで
 基本はあんまりしゃべらない。」

というMCのとおり、ほぼ1時間にわたって
オリジナルとカバーをそれぞれ5曲ずつ
たっぷりと聴かせてくれました。

 Guysライブ  2009.7.5.(日) HOTコロッケにて
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 1. BIRTH
 2. YOU'VE GOT HIDE YOUR LOVE AWAY (THE BEATLES)
 3. 終わらない夢
 4. UNDER GROUND
 5. 帰れない二人  (井上陽水、忌野清志郎)
 6. MAGGIE MAY ( ROD STEWART)
 7. 曲名当てクイズ (ギターインスト) 
 8. 君をのせて (天空の城ラピュタより)
 9. 父
 10.心の中にきっと
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::


Guys

荒っぽかったり、時にはふてぶてしさも漂わせながら
同時に繊細でやさしい世界も作りあげてしまうのが
Guysの魅力。
最近はそこに穏やかさも加わってきた気がします。

私はオリジナルの方がもっと好きなのですが
Guysは毎回カバーの選曲がすごくいい。
しかもカバーした曲をすっかりGuys色に染めて
本当に魅力的な演奏を聴かせてくれます。

今回はなかなか工夫がこらされていたステージで、
7曲目には賞品の当たる曲名当てクイズがありました。
クイズの時いちさんがギターインストで演奏したのは、
天空の城ラピュタの映画の中で
パズーがトランペットで吹いていた曲。
8曲めはいちかわさんがボーカルでした。

Guys

私が初めてGuysの演奏を聞きに行ったのは
2003年11月、今回と同じHOTコロッケでした。
あの頃のGuysは毎月主催ライブを開いたり、
それ以外にも月に何本もライブをやっていたり
ガンガン音楽活動に取り組んでいました。

あれからまもなく6年。
ライブ活動のペースはすっかり変わってしまったけれど
相変わらず彼らの演奏を聞けるのがとってもうれしいです。
彼らを見ていると、やっぱり
「40過ぎからが本物の大人だよね」 なんて思います。

これからも自分たちなりのペースでいいから
ずっと演奏を聴かせてもらえたらうれしいです。
12月のライブを楽しみにしています!!!!

Guys

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

このライブの写真を「別館・ばなな便り」に載せてあります。
*2009.7.5. Guysライブの写真  ←クリック!
2009.11.06

姫街道もみじライン

国道254沿いの群馬県下仁田町本宿から
和美峠(長野県軽井沢町境)に至る県道に
イロハモミジを植栽し 「上州姫街道もみじライン」 
として整備したのだそうです。

紅葉
*2009.11.3.撮影

11月3日には中腹より上の紅葉がきれいだったので
これからも充分楽しめると思います。

紅葉
*2009.11.3.撮影

紅葉
*2009.11.3.撮影