FC2ブログ
2009.04.27

4/22 モーモールルギャバンライブ(高崎TRUST55)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     8otto日本全国47ヶ所巡り
  "Come to see me anywhere" TOUR


    2009年4月22日(水)   高崎TRUST55
    open 17:00 start 17:30
    adv. \2500 door \3000(別途1D)
  出演者: ing   秀吉    kacica  
        モーモールルギャバン  8otto
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆モーモールルギャバン ・・・・(京都)

モーモールルギャバン

モーモールルギャバンは京都から来たバンドです。
モーモールルギャバンとの出会いは全くの偶然。
2007年12月の代々木のライブハウスでの
衝撃の出会い (←クリック!) から1年半。 
私にとっては、
4回目のモーモールルギャバンライブとなりました。

ライブに出かける前、ユーチューブで
最近のライブ映像を見返してみたのですが、
やっぱりやかましくて、わけがわからない、
私のような中高年世代にとっては
眉をひそめるような演奏です。
それでもモーモールルギャバンには
何度も聴きに行きたい魅力があります。

モーモールルギャバン

メンバーのうち二人が群馬県出身ということもあって
今回の高崎ライブはひじょうに熱いライブとなりました。
今回のライブハウスは、ドラム・ボーカルの矢島さんが
高校生時代に出演した、思い出深い店なのだそうです。

昨年出かけた6月の新宿ライブ (←クリック!)と
10月の歌舞伎町ライブでは
あまりにも演奏が精鋭化して、なんだか遠くに行って
しまったような気持ちになりました。

今回の高崎ライブは、最初から最後までずっと
演奏に引き込まれていました。
相変わらず わけのわからない曲もありましたが
ガツーンとぶつかってくるような手ごたえがあって、
わくわくしながら演奏を聴いていました。

モーモールルギャバン

モーモールルギャバンのライブには、聴いている人の
気持ちをひきつけるオーラみたいなものがあります。

私にとっては明らかに苦手ジャンルなのに、
それでも何度も聴きに行きたくなってしまうのは、
音楽に向かう真剣さがひしひしと伝わってくるから
だろうと思っています。

モーモールルギャバンは、おふざけバンドみたいに
見えるけれど、案外中身が深いと思っています。

最近のライブでは、センチメンタルなバラードを
あまりやらないのですが、モーモーのバラードは
せつなくて胸にぐっときます。

モーモールルギャバンを聴きたくて出かけたライブで、
とっても豊かな出会いがありました。
なんだか世界が広がった気がします。

モーモールルギャバン

できることならモーモールルギャバンの自主企画にも
行って見たいけれど、ちょっと遠すぎるなぁ・・・。

*モーモールルギャバンのWEB  ←クリック!
*モーモールルギャバンのMySpace(試聴あり) ←クリック!

スポンサーサイト