FC2ブログ
2008.06.09

夏は来ぬ (卯の花)

「夏は来ぬ」 という歌の、卯(う)の花は、
ウツギ(空木)のことだそうです。

◆ウツギ(空木) 別名:ウノハナ(卯の花)

ウツギ
*2008.6.8.撮影

ウツギ
*2008.6.8.撮影

「夏は来ぬ」 の歌詞を調べてみました。
言葉はちょっと難しいけれど、田舎の初夏の風景が
浮かんでくるような気がします。

    「夏は来ぬ」

佐々木信綱作詞・小山作之助作曲
---------------------------------------

卯(う)の花の、匂う垣根に
時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて
忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

さみだれの、そそぐ山田に
早乙女(さおとめ)が、裳裾(もすそ)ぬらして
玉苗(たまなえ)植うる、夏は来ぬ

橘(たちばな)の、薫るのきばの
窓近く、蛍飛びかい
おこたり諌(いさ)むる、夏は来ぬ

楝(おうち)ちる、川べの宿の
門(かど)遠く、水鶏(くいな)声して
夕月すずしき、夏は来ぬ

五月(さつき)やみ、蛍飛びかい
水鶏(くいな)鳴き、卯の花咲きて
早苗(さなえ)植えわたす、夏は来ぬ
---------------------------------------


ウツギについて調べているとき、
写真を撮ったけれど名前がわからなかった
花の名前がわかりました。

◆サラサウツギ(更紗空木)
  別名:ツカサウツギ(司空木)


サラサウツギ
*2008.6.7.撮影

花びらの外側が薄紅紫色をした
八重咲きのウツギ(空木)なのだそうです。
これも初夏の花です。

サラサウツギ
*2008.6.7.撮影
2008.06.08

田園風景

ようやく麦が色づいてきました。
麦秋です。
向こう側にうっすらと妙義山(みょうぎさん)が見えます。

麦秋
*2008.6.8.撮影

手前にあるのは、田植え用の苗。
麦刈りが終わってから
田んぼに水を張って田植えをします。

うちのあたりでは、ちょうど梅雨時が
田植えの時期になります。

麦を作っていない田んぼでは、
一足先に田植えが終わりました。

田園風景
*2008.6.8.撮影
2008.06.07

白 (ドクダミ)

日陰の湿っぽいところに生えているので
まじまじと見ることは少ない花です。
葉はかわいいハート型。

◆ドクダミ 
  別名:十薬(ジュウヤク)


ドクダミ
*2008.6.6.撮影

白い色が印象的です。
白いのは花びらではなくて、
中央の黄色いところに、たくさんの花が
集まっているのだそうです。


ドクダミ
*2008.6.7.撮影

さまざまな薬効があるので民間薬として使われ
十薬(ジュウヤク)とも呼ばれるそうです。
2008.06.06

路傍の花 (ゼニアオイ)

道端や空き地などで見かけます。
初夏に見かけるタチアオイ(立葵)に比べると
花が小さいけれど、次々に花が咲きます。
花びらに紫色の線が入っているのが特徴です。

◆ゼニアオイ(銭葵)

ゼニアオイ
*2008.6.6.撮影

とても丈夫な花で、荒地などでも咲きます。
春から秋まで長く花が見られ
時には冬に花が咲くことがあります。

雨が多いので、葉の緑色が色鮮やかです。
梅雨の晴れ間に、ミツバチが花に来ていました。

ゼニアオイ
*2008.6.6.撮影
2008.06.04

白・桃・紅(ハコネウツギ)

◆ハコネウツギ(箱根空木)

ハコネウツギ
*2008.6.4.撮影

時おり庭木として見かけます。
高さ3メートルくらいの木に
いろいろな色の花が咲いています。
咲き始めは白で、しだいに紅くなっていくのだそうです。

ハコネウツギ
*2008.6.4.撮影