FC2ブログ
2008.04.26

4/19楽音座旗揚げ公演(その1)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
楽音座(らくおんざ)旗揚げ公演

  *日時    2008年4月19日(土) 18:30~
  *会場    USA LIVE PUB if  (江東区木場)
  *出演者   G-SIMA、  LOOK OF LOVE、
           janmah 島村、  AERIAL
  *主宰    山口としや  (プロデューサー・G-SIMA)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


このライブが行なわれるちょうど一週間前、
AERIAL(エアリアル)がパーソナリティをつとめる
レインボータウンFMのラジオ番組
「 KibaStock Presents PEACE! 」
(毎週土曜日 午後6時~7時、生放送)
に、G-SIMAさんと山口としやさんがゲスト出演し、
楽音座(らくおんざ)について話していたのを聞いていたら
どうしても出かけたくなりました。

楽音座のコンセプトは
「心ある表現者達による、相互の触発と、未来の為に!」
というのだそうです。


◆1組目 G-SIMA

G-SIMA 

私は、AERIALのラジオ番組をスタジオ前で応援してから
ライブ会場に向かったので、G-SIMAさんの演奏は、
最後の方しか聴けませんでした。
今回はドラムが入っていなかったせいか、
ちょっとおとなしめの印象でした。

G-SIMA

G-SIMAさんは、今回の企画のプロデューサーでもあります。
ライブを盛り立てるためにいろいろ活躍していました。


◆2組目 LOOK OF LOVE

LOOK OF LOVE

アコースティックのやわらかい音の響きに
気持ちをゆだねて、ゆったりと演奏を
味わうことができました。
ボーカルもコーラスも楽器の演奏も心地よくて、
こんなふうに安心感にひたって演奏を味わえるのは、
本当に久しぶりだなぁと思いました。

LOOK OF LOVE 

曲によっては迫力もあり、
音楽に真っ直ぐ向かっていることが伝わってくる
とても気持ちのいい演奏でした。
いつもはMCが得意ではないと言いながらしゃべった
MCからも「心」が伝わってきました。


◆3組目 janmah島村

janmah 島村

音楽という枠に入れるよりは表現という言い方のほうが
ふさわしい気がしました。
Janmah(ヤンマー)さんは、インプロビゼーション
という言葉を使っていました。
(積極的なほめ言葉として)実に面白い人だと
感心しました。

ワールドワイドで多彩な表現や演奏は、
ひじょうに聴き応えがあり、
とりわけ「トゥバの歌」というホーメイ
のど声を使った歌と演奏に引き込まれました。
途中からサポート演奏を迎えて二人で演奏しました。

janmah 島村

いろいろなことに挑戦していく前向きで真摯な姿勢。
受け止める力の広さや奥行き、柔軟な感性。
ジャンルわけの難しい自分ならではの世界を
作り上げられるのはすごいと思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
楽音座旗揚げ公演(その2) に続きます。 (←クリック!)

スポンサーサイト



2008.04.26

4/19楽音座旗揚げ公演(その2)

楽音座旗揚げ公演(その1)の続きです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


◆4組目 AERIAL(エアリアル)

AERIAL

6時から7時までのFMラジオ出演を終えてから
ライブ会場に来てくれました。
今回は鎌田栄一さんと垣本篤志(カキモトアツシ)さん
二人での演奏でした。

静かに始まるギターのイントロが始まったとたん
会場の気持ちをぐっと引き込んで行きました。
オリジナル曲、ユーミンの曲、クラプトンの曲
取り混ぜての演奏をじっくりと聴かせてくれました。

サポートを迎えたバンドバージョンのAERIALのときは、
ダイナミックな演奏を味わえますが
二人のアコースティックバージョンのときは、
鎌田さんのギター演奏をたっぷりと味わえるので
こちらも非常に魅力的です。

AERIAL

たった二人でのアコースティックギターとドラム、
ボーカルとコーラスという組み合わせで
これほど豊かで情感あふれる世界が作りだせるのは、
ただただ感心するばかりです。

演奏がうまい、歌が文句なくうまいというだけでなく
オリジナル曲であってもカバー曲であっても
曲の世界をしっかりと作り上げて
歌の心がしっかりと伝わってくるのが
AERIALの魅力だと思います。

楽音座

AERIALの演奏が終わったあと、山口としやさんといっしょに
クラプトンのベルボトム・ブルースを演奏しました。

二日間にわたって行なわれる木場ストックの一日目
5月3日(土)の最終組に、
第2回江東バンドフェスティバルグランプリバンドとして
AERIALがゲスト出演します。
ぜひたくさんの人に演奏を聞いてほしいです。


◆ 山口としや 

山口としや

山口としやさんは、このライブの主宰者です。
今回の4組の幕間に山口としやさんも演奏してくれました。

企画を立ち上げ、他の人を巻き込んで
活動していくというのはひじょうにエネルギーが
必要なことです。

この人から頼まれたのなら出演してみよう
と思わせるのは、その人のこれまでの
生き方も影響するのだと思います。
今回はひじょうに聴き応えのある出演者が
そろいました。

山口としや


◇「別館・ばなな便り ~ライブ写真の部屋~」 に
  このライブの写真を載せてあります。


  ・1組目 G-SIMA (←クリック!)
  ・2組目 LOOK OF LOVE (←クリック!)
  ・3組目 janmah 島村 (←クリック!)
  ・4組目 AERIAL (←クリック!)
  ・主宰  山口としや (←クリック!)


ライブに出かける前に、
山口としやさんが楽音座を立ち上げるにあたって
作ったブログがあるの知り、
記事を全部読ませてもらいました。

昨年暮れに書かれていたブログの記事を紹介します。
長文ではありますが、
楽音座の目指すものがよく伝わるのと思うので
そのまま引用させてもらいます。
  (無断引用、お許しください)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2007年12月31日
ご挨拶

続きを読む