FC2ブログ
2007.09.16

夏の名残り

9月に入って涼しくなったと思ったのに
また蒸し暑いです。
首にタオルを巻いて汗をかいて過ごしています。

プランターに植えたアサガオは花が少なくなってきたけれど、
生垣に這わせたアサガオは、まだ元気に花を咲かせています。

アサガオ
*2007.9.15-16.撮影


2007.09.15

白・緑・紫

緑色だった実が、だんだん色づいてきました。
秋らしさを感じる、かわいい実です。

◆コムラサキ(小紫)
 別名:コムラサキシキブ(小紫式部)・コシキブ(小式部)


コムラサキ
*2007.9.15.撮影


こちらは、緑から真っ白に変わっていきます。

◆シロシキブ(白式部)

シロシキブ
*2007.9.14.撮影
2007.09.14

赤と白(ミズヒキ)

青い花 (メドー・セージ、 別名:サルビア・ガラニチカ) の
写真を撮ろうと思ったら、下に赤い花が咲いていました。
秋になると、林の下の半日陰などでよく見かける野草です。

メドー・セージとミズヒキ
*2007.9.13.撮影

別の家の庭先にも咲いていました。
赤い花だとばかり思っていたのですが、
アップで撮った写真を見たら、
半分赤くて半分白かったのでびっくりしました。

熨斗(のし)などにかける、紅白の水引が名前の由来だそうです。

◆ミズヒキ(水引)

ミズヒキ
*2007.9.13.撮影

花を上から見ると赤く見えて、下から見ると白く見えるのだそうです。
やはり林の中でひっそりと咲いている方が似合う気がします。

ミズヒキ
*2007.9.13.撮影
2007.09.13

百日紅(サルスベリ)

7月から10月くらいまで、長く花が咲き続けるので
ヒャクジツコウ(百日紅)とも呼ばれるそうです。

◆サルスベリ(百日紅・猿滑り)
 別名:ヒャクジツコウ(百日紅)


この写真は、きょうの撮影。
秋が深まれば遠くの山がくっきり見えるので、
まだ夏っぽい雰囲気です。

サルスベリ
*2007.9.13.撮影

アップの写真は7月初旬の撮影。
フリルのような花びらです。

サルスベリ
*2007.7.5.撮影

2007.09.12

雨のち晴れ

きょうの天気予報は、「雨のち晴れ」

朝のうちは雨がたくさん降っていたので
本当に晴れるのかなぁと天気予報を疑っていたけれど、
11時半ごろから青空が広がって日がさしてきました。
外に出した洗濯物も夕方までに、ほぼ乾きました。

ヒマワリとケイトウ
*2007.9.12.撮影

小さい花を咲かせるヒマワリの黄色と
ケイトウの赤、
そして
秋めいた空。

夏と秋の共存の季節です。