FC2ブログ
2007.07.21

心当たり

ちょっと前のことですが、 ものすごく印象深くて、
しかも自分に心当たりがある文章に出会いました。

このような書き出しで始まっている文章です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ずいぶん前のことだ、
あるライブのあとの飲み会で、
演者とお客さんが大喧嘩をしてしまった。

その演者はプロではなく。

何人か出たライブの中で、
自分の評価が気になってしかたがないようすだった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「ほぼ日刊イトイ新聞」 掲載   「おとなの小論文教室。」
  Lesson356  表現者の味方 3 (2007-07-11) より引用

このあと、この演者と客が大喧嘩になるまでの顛末(てんまつ)や、
筆者(山田ズーニーさん)の仕事上の体験談などが
「表現者の味方」 の視点で書かれていきます。

全体はかなり長いので、長文が苦手の人には
読みにくいかもしれませんが、特に前半部分は
読み物としても面白いと思います。

※興味がある方は
→ こちらで 全文を読むことができます。

私の、心当たりがあったというのは、
途中に書かれている次の箇所です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
多くの人は表現を受け取る側で、
表現するほうにまわったことがないので、
表現する人間の孤独とか、
表現したあとの独特の反動とか、不安とか、
人前で表現する人の気持ちがわからない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私の心当たりというのは、
「気持ちがわからない」 
というところではなく、
「表現する人間の孤独とか、表現したあとの独特の反動とか、不安」
という部分です。

私の場合は・・・
続きを読む
スポンサーサイト



Posted at 22:53 | 日々雑感 | COM(4) |