--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.30

近所の紅葉

11月に入ってからはずっと、
毎週のライブ行きとライブ報告のまとめに追われて
季節の変化を楽しむ余裕もなかったのですが、
きのう久しぶりに、自転車で近所の紅葉をめぐってみました。

何ヶ所かまわったうちで一番きれいだった紅葉。
近所の人だけが訪れる静かなお寺の境内です。
モミジは、木によって色づきが違っていたので、
落ちている葉っぱの色も違ってきれいでした。

紅葉2006
*2006.11.29.撮影

お寺の庭の手入れをしている人に、
「一週間ぐらい前が一番の見ごろだったのでしょうか」
と聞いている人がいました。
何日か前に、急に冷え込んで色がきれいになったのだそうです。

今朝、ものすごく冷え込んだので、もっときれいになったかも
しれないと思って、今日のお昼過ぎにまた出かけてみました。

あまり寒すぎたのか、紅葉の色が落ち始めていました。
地面に落ちていたモミジの落ち葉もきれいに掃除されて
残っていませんでした。
きのうが一番いいタイミングだったのかもしれません。

紅葉2006
*2006.11.30.撮影

これが今日の写真です。
お昼過ぎに晴れてきたので、青空が写りました。
モミジの向こう側に見える中央の背の高い木がハクモクレンです。
早春に真っ白な花を咲かせます。
スポンサーサイト
2006.11.29

11/19 TSUKAKI & NEW CASTLE ライブ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   TSUKAKI & NEW CASTLE 「一番星ライブ06年晩秋」 
 
【日時】 2006年11月19日(日) OPEN 18:30 START 19:00
【会場】 神戸市新開地  一番星食堂      
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


6時ごろ湊川公園駅に着いたので、オープンの時間までVoiceで過ごして
6時半になったら一番星食堂に向かいました。
店に入ったらすでにお客さんがいっぱいで、座る場所を探すのも
大変なほどでした。

昨年の12月、うなジョン定食の演奏を聴くために出かけた
西明石のジャカランダでお目にかかった人も大勢いて
席をつめて座るところを作ってくれました。
私が住んでいる群馬県から遥かに離れた場所で
しかも初めての店なのに、顔見知りがたくさんいるのが
不思議な気がしました。

TSUKAKI & NEW CASTLE
*2006.11.19.撮影 (一番星食堂にて)

TSUKAKI & NEW CASTLE のホームページには、バンドの紹介が
このように書かれています。(一部分の抜粋です)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   TSUKAKI & NEW CASTLE は、
   このせちがらい世の中を生きているみなさんに心から楽しんでもらうために、
   昭和歌謡を中心にした音楽をお届けしているバンドです。

   60・70年代歌謡的サイケでハレンチにゴーゴー
   ミラーボールが怪しく輝く恍惚の世界へお連れいたします

       パワフルでソウルフル
       サイケでファンキーにいこうで~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   ※TSUKAKI & NEW CASTLE'S WEBSITE は、 →こちらです

TSUKAKI & NEW CASTLE


実際に演奏を聴いてみて、まさに迫力満点のステージでした。
つかきさんのパンチのある歌声と、メンバーの熱演が
とても気持ちよかったです。
ビジュアル的にも、とても楽しませてもらいました。

TSUKAKI & NEW CASTLE
  左から  B・いけやん  Sax・マーシー  Vo・つかちゃん  Dr・おかちゃん  G・ミンチョル 

会場一体となって大いに盛り上がったり、
じっくりとしみじみと聞かせる部分もありました。
ダイナミックさとともに、細やかな心配りも感じる暖かいステージでした。

つかきさんにとって 「しゃべり」は、お手のもの。
客席の気持ちをひきつけステージをさらに盛り立てていくのは
さすがだなぁと感心しました。

TSUKAKI & NEW CASTLE


つかきさんというのは、非常に多面的な魅力を持った人だと思います。

つかきさんのバンドの演奏を聴くのは今回が初めてなのですが、
昨年12月のジャカランダライブ終了後のセッションで
つかきさんの歌声を聴いています。
(ウナギ凪さんやジョン中川さんとのセッションでした)
そのときの印象を、昨年12月のライブの後に書いた感想に
こんなふうに書きました。
 >つかきさんとのユニットでのオリジナル曲は、作詞作曲が
 >つかきさんとウナギ凪さんの二人なのだそうです。
 >歌が上手くて表現力があるつかきさんの、「迫力」の部分
 >ではなくて、「やわらかさ」を生かした、とても魅力的な作品に
 >仕上げられていました。
  

これからもいろいろな魅力を発揮して、さらに活躍してくれると思います。


今回の TSUKAKI & NEW CASTLE ライブの写真を
別館・ばなな便り~ライブ写真の部屋~ に22枚載せました。
    → こちらからどうぞ

2006.11.25

散策の途中で

京都の嵯峨野を歩いている途中、民家の庭先でみかけました。

◆チロリアンランプ
 別名:ウキツリボク(浮釣木)、アブチロン 


チロリアンランプ
*2006.11.18.撮影

かわいい名前ですね。
本当にランプがぶらさがっているようにも見えます。

チロリアンランプ
*2006.11.18.撮影



◆マユミ(檀・真弓)
 別名:ヤマニシキギ(山錦木)


マユミ
*2006.11.18.撮影

小さいかわいらしい実で、割れると真っ赤な種が顔を出します。

マユミ
*2006.11.18.撮影
続きを読む
2006.11.24

11/19 Voiceの夜 2006

Live & Bar Voice は、神戸市の新開地にある店です。

11月19日(日)の一番星食堂ライブが終わったあとでVoiceに行きました。
今回、私がライブを聴きにいった一番星食堂と同じ建物の中にあります。

今回の記事のタイトルに 「Voiceの夜 2006」 と書くからには
以前にも出かけているわけで、店に行くのは今回が3回目となります。

神戸 Voice

娘が大学1年のとき、娘のサークルの発表会を見るために群馬から奈良に出かけ、
そのとき開店して間もなくの Voice に行ったのが2年前です。
そのときのVoiceで、今回一番星食堂のライブで演奏を聴かせてもらった
Starting Over(スタオバ)のジョン中川さんと出会いました。

店のマネージャーである ひできさんとは、東京木場にある ライブパブif(イフ)の
ホームページの掲示板で知り合い、店に行くまでは会ったことがありませんでした。

ひできさんに会いに出かけたいと思ったのは、東京のイフという店が
家族的な暖かい店だということも大いに影響していると思います。
イフのことや共通の友人のこと音楽のことなど、1年ぶりに様々な話をしました。

神戸 Voice

次に載せたのは、ひできさんが見せてくれた写真の中の一枚です。
最初は誰が写っているかわからなかったのですが、写っているのは ひできさん。
店のママである めぐさんは、「なんだか今のほうが若く見えるね」と言っていました。

何年か前に沖縄で撮った写真だそうです。
沖縄の海でこのギターを抱えた写真を撮りたいからと
まつもとゆきひろさんが沖縄に青いギターを持っていって、
まつもとさんの写真も沖縄の海で撮ったそうです。

ひできさん

最近、まつもとさんが書いていたライブ告知の話などもしました。
ひできさんは、「行けるものなら行ってみたいなぁ」 と残念そうでした。

私にとっても魅力的な出演者が多く、まだ演奏を聴いたことがないけれど
ぜひ聴いてみたい人もいるので、出かけたい気持ちは山々です。
でも、こう毎週毎週ライブに出かけて、膨大な枚数の写真を整理したり
感想を書いたりしていては 頭がパンクしそうなので
泣く泣くあきらめることにしました。

会場となる上野公園不忍池(しのばずのいけ)の水上野外音楽堂は、
ひできさんも出演したことがあり、屋根もあるしとってもいいところだよと
教えてくれました。
都合がつく人は、ぜひお出かけください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
タノシイウツワvol.5
    *2006年11月26日(日)
    *上野公園 水上野外音楽堂
    *11:00~19:00
  
→こちらに出演者や詳しい案内があります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
神戸 Voice

インターネットを通して、まだ会ったことがなかったり
ほとんどしゃべったことがない人とでも、
一方的に知り合いになった気持ちになることがあります。
インターネットというのは、思いがけないつながりができたり
つながりが広がったりするきっかけになったりするので面白いです。
イフのおかげで、たくさんの大切な友人に出会うことができました。

神戸 Voice


1年前、帰りに駅まで送ってもらった別れ際に私が 「また来年来ます!」
と言ったら、ひできさんとめぐさんが、「来年まで店を続けていられるかなぁ」と、
ちょっと心細そうに言っていたのをよく覚えています。

店の飲み物料金などは とても安くしてあり、店の売り上げだけでは
生活していけないだろうと容易に想像がつきます。
ひできさんもめぐさんも、昼間別の仕事を持っているそうです。

音楽にかける情熱と、店の経営が両立できるといいなぁと思います。
兵庫県在住の方々で店を盛り立ててもらえるとうれしいです。
また来年出かけられるのを楽しみにしています。


◆一番星食堂で行われたライブの報告は、もうしばらくお待ちください。◆
2006.11.23

11/18 京都(嵐山・嵯峨野)の紅葉(その2)

(その1)の続きです。

◆祇王寺(ぎおうじ)

祇王寺
*2006.11.18.撮影

◆化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)

化野念仏寺
*2006.11.18.撮影

化野念仏寺
*2006.11.18.撮影

おみやげ屋さんが並ぶ、いかにも観光地らしい場所もありましたが、
のどかな風景もひろがっていました。
お寺めぐりの途中、道端や畑にコスモスが咲いていました。

コスモス
*2006.11.18.撮影

コスモス
*2006.11.18.撮影

◆大覚寺(だいかくじ)

庭で嵯峨菊展が開かれていました。

大覚寺
*2006.11.18.撮影

建物の中の障壁画の前にも菊が飾られていました。

大覚寺
*2006.11.18.撮影

◆清涼寺(せいりょうじ)

清涼寺
*2006.11.18.撮影

清涼寺
*2006.11.18.撮影

清涼寺からJRの駅に向かう途中、一方通行の道で渋滞にまきこまれて
全く動けなくなっている救急車を見かけました。
急病の人だったら大変です。
「これが噂の紅葉渋滞かぁ・・」 と思いながら横を歩いて通り過ぎました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。