FC2ブログ
2006.10.26

秋色の(カラスウリ)

カラスウリ
*2006.10.26.撮影

日当たりのいいところのカラスウリは、
しばらく前からオレンジ色に色づいていましたが、
日陰のカラスウリも、やっと色づいてきました。


夜だけ開く、とても幻想的なカラスウリの花の写真は
8月22日の記事に載せてあります。
    → こちらからどうぞ
2006.10.25

天使のラッパ

エンゼルトランペット(天使のラッパ)とも呼ばれる花が
秋になっても たくさん咲いています。
黄色い花を一番よく見かけますが、これはやわらかなピンク。
花がよく開いていたので、下から撮ったら花の中が写りました。

エンジェルストランペット
*2006.10.18.撮影


◆キダチチョウセンアサガオ(木立朝鮮朝顔)
  別名:エンジェルストランペット、ダチュラ


このくらい大きいと、名前のとおり木立だなぁと思います。

エンジェルストランペット
2006.10.22.撮影

八重咲きの花も、たまに見かけます。

◆ヤエチョウセンアサガオ(八重朝鮮朝顔)

ヤエチョウセンアサガオ
*2006.10.18.撮影

八重咲きのものは、とげとげのある丸い実がなります。
花が横向きや上向きで咲いていることがあります。

ヤエチョウセンアサガオ
*2006.10.16.撮影
2006.10.24

イシミカワ・ルリ色の実

先日、空き地に広がっている雑草に、とても素敵な色の実が
ついているのに気づきました。

イシミカワ
*2006.10.18.撮影

花の名前はインターネットで調べやすいのですが、
実から植物の名前を調べるのは難しいので
うちにある子供向けの植物図鑑で調べてみました。

「秋の野」 というところに似たような植物の絵が載っていて、
実はルリ色と書かれていました。
名前をインターネットで検索してみたら、確かにその植物でした。

◆イシミカワ(石見川・石実皮)

イシミカワ
*2006.10.22.撮影

インターネットで調べたとき、実の色について
いろいろな書き方がしてありました。

  藍色(あいいろ)、コバルトブルー、青紫、
  緑から赤紫・青に変わっていく

どれも合っている気がします。
ちなみに、
ルリ色(瑠璃色)というのは紫がかった深い青色だそうです。

イシミカワ
*2006.10.22.撮影

4日後に撮った写真です。
全体に青みが強くなってきました。
2006.10.23

藤袴

秋の七草にも入っています。
オミナエシ、クズ、ハギなどに比べると
花の時期が遅いのでしょうか。
最近見かけるようになりました。

◆フジバカマ(藤袴)

フジバカマ
*2006.10.22.撮影

以前は川原などで野生のフジバカマがたくさん見られたそうですが、
今は数が非常に減ってしまい、園芸品種が多いのだそうです。
見かけたのも、家の庭先です。

フジバカマ
*2006.10.22.撮影

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
~秋の七草~
  「萩の花 尾花葛花(おばな くずはな ) 撫子(なでしこ)の花
   女郎花(おみなえし) また藤袴 朝顔の花」

      (山上憶良 やまのうえのおくら、万葉集より)
   *尾花はススキのこと
   *朝顔は桔梗(キキョウ)の花だと言われているそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


以前は、秋の七草がどんな花かも興味がなかったし、
この中の、ススキ、ナデシコ、キキョウくらいしか
わかりませんでしたが、全部わかるようになりました。

2006.10.22

キツネの顔

自転車でまわっているときに見かけました。
キツネの顔に似ているので こんな名前になったそうです。
(フォックス=キツネ  フェイス=顔)

◆フォックスフェイス
 別名:ツノナス(角茄子)・キツネナス(狐茄子)


フォックスフェイス
*2006.10.22.撮影

原産地はブラジル。 生け花などに使われるそうです。
ナス科の植物ということで、確かにナスと花がよく似ています。

フォックスフェイス
*2006.10.22.撮影