FC2ブログ
2006.07.28

白のち緑

今年の6月中旬・下旬に紫陽花(アジサイ)の花の写真をたくさん撮ったのですが、
ブログに載せそびれてしまいました。

何年か前まであまり見かけることのなかった、真っ白なアジサイです。
白い貴婦人と呼ばれているそうです。

◆アナベル

6月28日の撮影です。

アナベル白-1
*2006.6.28.撮影

アナベル白-2
*2006.6.28.撮影

ちょうど1ヶ月ぶりの今日、もう一度通りかかったら
真っ白だった花が薄緑色に変わっていました。
枯れかけて茶色になっている部分もありました。

「アナベルはつぼみの頃には緑色で、開くにつれて薄緑から真っ白に変わる」
と解説に書いてあったのですが、
白が終わると、また薄緑に戻るのだなぁと思いました。


7月28日の撮影です。

アナベル緑-1
*2006.7.28.撮影

アナベル緑-2
*2006.7.28.撮影

来年は、つぼみのときの写真も撮ってみようと思います。


今日は、もう1本記事を書いてあります。
2006.07.28

あっ、わかった!

6月の末に、撮った写真です。
よその家の木に咲いている、きれいなオレンジ色の花が
印象的だったのですが、何の花だかわかりませんでした。

ザクロ-1
*2006.6.28.撮影

1ヶ月たった7月の末に、同じ花を見かけたら実がついていたので、
名前がわかりました。

◆ザクロ(柘榴、石榴)

ザクロ-2
*2006.7.27.撮影


6月の末に、同じような色の花を見かけました。
これも、そのときには何の花だかわからなかったのですが、
ザクロの仲間で、八重咲きのハナザクロということがわかりました。
ハナザクロには、実がならないそうです。
これは6月末に撮った写真です。

◆ハナザクロ(花柘榴、花石榴)

花ザクロ
*2006.6.27.撮影


この調子で、あと3年ぐらいブログを続けていたら、
身近に咲いている花について、ずいぶん詳しくなるかもしれません。 (^ ^)v
2006.07.27

涼しそうな・・・

昨日からやっと晴れ間がのぞきました。
久しぶりに暑くなったので、気持ちだけでも涼しくなるように・・・

最近見かけて写真を撮っていたのですが、素敵な名前がありました。
目立たないのですが、小さな白い花も咲いていました。

◆ハツユキソウ(初雪草)

ハツユキソウ-2
*2006.7.25.撮影

ハツユキソウ-1
*2006.7.25.撮影

上の方の斑(ふ)入りの葉っぱが、雪化粧をしたように見えるため
初雪草と呼ばれるそうです。
真夏に初雪とは、なんとも涼やかです。

クリスマスを彩る赤い葉っぱのポインセチアは
同じトウダイグサ科の植物なのだそうです。
2006.07.26

我が相棒

きのうの午前中、自転車に乗って近所をまわっている途中で、
「パーン!」という、まるで爆竹のような音がしました。

何が起こったのかとびっくりしたら、
私の乗っていた自転車の前輪のタイヤがパンクして、
使い物にならないほどペコペコになっていました。
仕方がないので、家まで自転車を押して帰りました。

今年大学生になった息子が中学生のとき、
通学に使っていた自転車です。
馴染みの自転車屋さんに電話して自転車を取りに来てもらい、
パンク修理のついでに、
一本足だったスタンドを真っ直ぐ停められる両立スタンドに交換してもらい、
ぼろぼろになっていたハンドルのグリップも取り替えてもらうことにしました。

夕方には、点検も済ませ、汚れもきれいに落として届けてくれました。
おかげで、私の使いやすい自転車に変身しました。

自転車
*2006.7.26.撮影

子どもの通学用に、奮発して高い自転車を買ったので
メンテナンスしながら乗れば、当分使えそうです。

頼りになる私の相棒です!!!!


今日は、もうひとつ記事をアップしてあります。
Posted at 18:03 | 日々雑感 | COM(4) |
2006.07.26

優雅な名前

最近よく見かける花です。
とても優雅な名前がついています。

聞きなじみのないカタカナの名前は、どうも覚えにくいのですが、
漢字で表された名前だと、意味や雰囲気がつかめるので覚えやすいです。


◆西洋風蝶草(セイヨウフウチョウソウ)
  別名:クレオメ
      酔蝶花(スイチョウカ)


まるで蝶が飛んでいるような形なので 「風蝶草」。
朝や昼間は全体が白っぽいけれど、夕方や夜には
ピンクが濃くなるので、「酔蝶花」という別名もあるそうです。

風蝶草-2
*2006.7.19.撮影

風蝶草-1
*2006.7.19.撮影


◆花魁草(オイランソウ)
  別名:草夾竹桃(クサキョウチクトウ)
     フロックス


オイランソウ-2
*2006.7.25.撮影

オイランソウ
*2006.7.26.撮影

花の香りが花魁(おいらん)の白い粉の香りに似ているので、
この名前になったと書いてあるところがありましたが、
定かではありません。
でも、花がびっしり咲いていると、とても華やかです。

同じ、花忍(はなしのぶ)科フロックス属 の仲間に
芝桜があるそうです。
そういえば、芝桜と花の雰囲気が似ています。